競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    アルゼンチン共和国杯

    やっぱり不気味な1頭ーフェイムゲーム

     秋の東京の名物長距離ハンデ重賞「第54回アルゼンチン共和国杯」の最終追いが2日に美浦、栗東トレセンで行われた。前走・宝塚記念17着後に去勢手術を行ったフェイムゲームは、併せ馬でスムーズに併入。去勢効果で操作性は確実に増している。トップハンデ58キロを克服し、重賞4勝の底力を見せるか?

     フェイムゲームがブランクを感じさせない動きを披露した。坂路を4F61秒2と速めのキャンターで駆け上がった後、Wコースへ。ウイングチップ(4歳500万)を4馬身追走。道中は折り合い、直線は内からスッと接近した。5F70秒7~1F13秒2。手応えこそパートナーが勝っていたが、負けじと併入した。

     前走・宝塚記念17着後に去勢手術を行い、これが復帰初戦。動きを見届けた宗像師は「良かったですね。(追い切り前の)坂路も速めに乗って、隠し味は加えたつもり。負荷は結構かかっていると思う」と穏やかな表情。去勢効果については「ジョッキー(北村宏)も乗りやすくなったとのこと。反抗するような面もなくなっている」と一定の成果を感じている。

     昨春天皇賞で2着に力走し、昨秋は豪G1メルボルンC(13着)に挑んだ国内屈指の長距離砲。しかし、休養前の宝塚記念はチークピーシーズ効果も薄く、ハミを取ることなく後退。気性難を解消するため、去勢に踏み切った。指揮官は「見た感じは筋肉も落ちていないし、当日は460キロ前半(前走は458キロ)で出せそう。ただホルモンバランスの関係もあり、去勢効果が出るのは少し先になるかも。ハンドルとブレーキは利くようになったので、あとはエンジン…」と言葉を選ぶように続けた。去勢=一変なら、これほどたやすい話はなく、同師が慎重なのも無理からぬ話だ。

     実績を評価され、トップハンデの58キロ。「この馬自身は背負い慣れていても、他馬とはハンデ差があるから。ただ乗り慣れた北村宏君が乗れるのはいいと思う。広い東京も合うので」と同師。去勢直後&重ハンデを克服するようなら、当然G1復帰が見えてくる。関東が誇る重賞4勝の実力派。2年前に制した思い出重賞で、果たしてどんな結果を出すのか?



    もう有名サイトー馬券の参考になりまくりwwwww
    競馬スピリッツ
    keibayo12



    【アルゼンチン共和国杯予想|過去5年の複勝圏内馬の活躍コースとは】の続きを読む

    5

    アルゼンチン共和国杯予想|直前情報まとめ

    「これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな」

    ファースト 
    http://first-one.biz/
    特別情報で先を行け!信頼の競馬情報をゲットせよ(無料)

    アクティブ 
    http://active-ks.jp/
    競馬初心者でも無料に競馬予想を当てられる方法を更新中!!

    的中データラボ 
    http://fm.tekityu-detalab.com/
    競馬予想に役立つ情報が無料でゲット!フリメOK

    プラチナム
    http://platinum-invest.club/
    競馬の初心者から玄人の方まで、競馬を注目して頂く為のお役立ち情報を無料でゲット!

    競馬総本舗ミリオン 
    http://www.k-million.jp/
    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。
    競馬予想など無料コンテンツが満載

    by競馬予想会社ファン




    スタミナ勝負ならメイショウカドマツ

    【アルゼンチン共和国杯(日曜=8日、東京芝2500メートル)新バージョンアップ作戦】秋のGIがひと休みの今週末は東京、京都で4重賞が組まれている。当欄のターゲットは最も歴史がある第53回アルゼンチン共和国杯。ハンデという微妙なサジ加減もあり難解なGIIだが、「新VU作戦」は◎メイショウカドマツで勝負。本格コースでの長丁場なら凡走は考えられないスタミナの持ち主だ。

     過去10年で馬単万馬券が4回。2桁人気馬の連対も3度を数える波乱含みのレース。軸馬のチョイスに頭を悩ませるところだが、2009年以降の連対馬はすべて斤量55キロ以上。極端な軽量馬狙いは裏目に出る可能性が高く、大振り可能なレースキャラといえども能力重視のスタンスは崩したくない。人気を落とした実績馬の見極めが勝敗のカギを握りそうだ。

     狙いは同じ東京12・5ハロンの目黒記念で4着粘走のメイショウカドマツ。ヒットザターゲットのVタイム2分29秒7はレコードにコンマ1秒差と優秀なもの(別表参照)。100メートル通過地点からのレースラップを3ハロンごとに4分割すると35秒5→35秒7→36秒4→35秒0。36秒台が一度しかなく、各3ハロン間の落差も順に0秒2→0秒7→1秒4。ほぼ一貫したよどみのないペースで推移している。

     それに対して、レコード決着の13年の100メートル通過後は34秒1→36秒6→36秒1→35秒2。最初の3ハロンから次の3ハロンの落差が2秒5。36秒台も2度と中だるみの大きいラップバランスで構成されている。ほぼ同じ走破時計でも今年とは中身がまるで違う。本来、距離が延びれば延びるほどラップの“歪み”は生じやすいもの。今年の目黒記念のようにラップの“歪み”を極力抑えたうえでの決着はむしろまれ。ラップ的にはいわゆるまぎれの少ない一戦であったと判断できる。13年の逃げ馬(コスモラピュタ)は1秒5差13着と馬群にのまれた。それよりはるかに息の入らない流れを最後まで踏ん張ったメイショウカドマツの地力を侮るなかれ、が当欄の結論だ。

     オープン馬にしては珍しく、これまでのキャリアで最速上がりマークが一度もない同馬。瞬発力の問われる舞台、例えば東京や新潟といった大箱では苦戦を余儀なくされるはずなのだが…。意外にも2000メートル以上の東京、新潟では3→1→3→1→4着と崩れたことがない。キレないという短所を補って余りあるスタミナが最大の武器。斤量は目黒記念と同じ55キロ。当時だけ駆ければもちろん、勝ち負けを演じることができる。

     
    レコンダイト「今回は上積みが見込めるしハンデにも恵まれた」


    【アルゼンチン共和国杯(日曜=8日、東京芝2500メートル)注目馬5日朝の表情:栗東】最終追い切り(4日)では併せ先着を果たしたものの、坂路4ハロン53・9―13・2秒という平凡な時計にとどまったレコンダイト。「今週の動きはいいとは言えないかな」としながらも、調教と実戦は別の話とばかりに、陣営からは強気のコメントが飛び出した。

     音無調教師「もともと攻めは動かないし、こんな感じでもレースにいけば走るからね。前走(京都大賞典=8着)は久々の影響。今回は上積みが見込めるし、ハンデにも恵まれたと思う。東京コースも実績があるので」

     

    ロンギングダンサー「展開が向くようなら楽しみはある」

    【アルゼンチン共和国杯予想|直前情報まとめ】の続きを読む

    5
    アルゼンチン共和国杯予想|注目馬ゴールドアクターまとめ

    「これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな」

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    ハイクラス 
    http://www.hi-class1.com/
    競馬初心者でも簡単に予想を当てられる方法を無料予想を実践中!

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    ゴールドアクターが3連勝で初重賞制覇を狙う/アルゼンチン共和国杯の見どころ
     

     昨年の菊花賞で3着に入り、その後休養を挟んで2連勝中のゴールドアクターが初重賞制覇に挑む。それを実績上位のサトノノブレス、高い潜在能力を持つレーヴミストラル辺りが阻むのか。ジャパンC、有馬記念を占う上でも重要な一戦となりそうだ。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■11/8(日) アルゼンチン共和国杯(3歳上・GII・東京芝2500m)

     ゴールドアクター(牡4、美浦・中川公成厩舎)は昨年の菊花賞で3着に入った後、休養をとって今年の夏競馬で復帰し見事に2連勝を飾った。今回は一気の相手強化となるが、ここでも遜色ない能力を持っている。勝ってGIに駒を進める事ができるか。

     サトノノブレス(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)の前走は長期休養明け。馬体はそこそこできていたが、中身が伴わなかったようで、結果は10着と惨敗。ただ、一叩きされた効果は大きく、今回は相当な上積みが見込める。東京の長丁場は悪い条件ではなく、復活が期待されるところ。

     レーヴミストラル(牡3、栗東・松田博資厩舎)は日本ダービー以来のレースとなるが、青葉賞の勝ちっぷりが鮮やかだったように高い能力を持っている。当時負かしたタンタアレグリアが菊花賞で4着に入っており、本馬も古馬相手にどれだけ戦えるかに注目が集まる。

     その他、ここ2走が不振も能力上位のレコンダイト(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)、前走で久々の勝利を挙げたヒラボクディープ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)、牡馬相手でも期待できそうなマリアライト(牝4、美浦・久保田貴士厩舎)、春の京都記念でラブリーデイと接戦を演じたスズカデヴィアス(牡4、栗東・橋田満厩舎)、海外遠征明けを叩いたマイネルフロスト(牡4、美浦・高木登厩舎)辺りも好走の圏内。発走は15時35分。

     

    2014年ーアルゼンチン共和国杯動画

     

    1着 フェイムゲーム 北村宏司

    2着 クリールカイザー 吉田豊

    3着 スーパームーン 内田博幸

     

     前走では文句なしのパフォーマンス

     
     

     
     
    「見逃し厳禁の競馬情報会社」

    競馬タウン(keibatown) 
    http://www.yhs-netb.com/
    競馬のポータルサイト。無料コンテンツがおすすめ。
    とりあえず無料会員になることをおすすめ

    競馬予想X 
    http://k-bax.jp/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    by競馬予想会社ファン
    【アルゼンチン共和国杯予想|注目馬ゴールドアクターまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ