競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    重賞この1頭

    【2020年】デイリー杯クイーンカップ-ミヤマザクラに注目してみる

    chuumokuuma


    クイーンカップ馬券買うなら
    ここチェックしましょう

    2019-11-11_21h10_57


    まずは無料登録




    レッドアンシェルのとき書きましたけど
    フォーリーやっぱり不安でしたねwww

    今回は福永先生。。。


    馬体見たときからこの馬の評価高いですからね。











     【広告】
    こういうサイトを探していました。
    無料予想で大万馬券をゲットできますからね。
    競馬WAVE





    【2018年】シンザン記念予想-ファストアプローチを徹底的に分析してみました


    chuumokuuma


    【PR】 ここの新サイトの無料予想
    無料で重賞注目馬・・・もちろん激アツの予想w
    投稿!!うまライブ!・・・
    muryou


    (ヤフーニュースより引用)

    【シンザン記念】藤沢和師、ファストアプローチは「好調」

     朝日杯FS6着ファストアプローチが、再度の西下で巻き返しを期す。「前走の阪神は例年と違って馬場が速かったね。今回も(開幕週で)速い馬場になるかが心配」と藤沢和調教師は懸念するが、「久々を使って元気があるし、いい状態でいけると思う。

     1600メートルくらいがちょうどいいし、改めてだね」と期待を寄せる。


    ファストアプローチ-血統


    父-Dawn Approach、母-ジョリージョコンド

    1) 父-Dawn Approach産駒

    主な活躍馬
    ベストアプローチ。
    父-ガリレオ産駒も日本では重賞勝ちなし。



    2) 母-Sant Elena産駒

    ベストアプローチ
    (青葉賞2着)


    3) Mデムーロ騎手のシンザン記念成績
    0-1-3-0/4

    17年 ペルシアンナイト(1番人気3着)
    16年 ジュエラー(2番人気2着)
    01年 フィールドサンデー(1番人気3着)
    00年 テンベストシチー(6番人気3着)


    複勝回収率 202円


    シンザン記念の予想はまずここの無料予想をゲットしよう
    フリーメールで無料で予想をゲットできます
    競馬ジャパンの予想が激アツ

    arima







    【2017年】有馬記念予想-シュヴァルグランを徹底的に分析してみました

    【PR】 ここの新サイトの無料予想
    無料で重賞注目馬・・・もちろん激アツの予想w
    投稿!!うまライブ!・・・
    muryou


    シュヴァルグラン

    父-ハーツクライ、母-ハルーワスウィート

    1) 父-ハーツクライ産駒
    シュヴァルグラン(JC)
    ジェスタウェイ(天皇賞秋・安田記念)
    ワンアンドオンリー(東京優駿)
    ヌーヴォレコルト(オークス)

    2) 母-ハルーワスウィート産駒
    ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル)
    ヴィブロス(秋華賞)


    血統面ではまずまずなんだろうけど・・・
    ハーツクライの有馬記念成績が気になる。


    3) ジャパンカップ2017年の勝ち馬

    過去10年のジャパンカップの勝ち馬の有馬記念成績

    2016年
    キタサンブラック 2番人気2着

    2015年
    ショウナンパンドラ 未出走

    2014年
    エピファネイア 2番人気5着

    2013年
    ジェンティルドンナ 未出走

    2012年
    ジェンティルドンナ 未出走

    2011年
    ブエナビスタ 2番人気7着

    2010年
    ローズキングダム(ブエナビスタ降着)取り消し

    2009年
    ウオッカ 未出走

    2008年
    スクリーンヒーロー 3番人気5着

    2007年
    アドマイヤムーン 未出走


    有馬記念とジャパンカップは連結しない。。。。。
    これで軽視しても良い?????


    有馬記念の予想はまずここの無料予想をゲットしよう
    フリーメールで無料で予想をゲットできます
    競馬ジャパンの予想が激アツ

    arima







    このページのトップヘ