阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2017年|直前ニュースまとめ





ヤフーニュースより引用

【阪神JF】パドックのツボ
ロックディスタウンは大柄もスラリと均整の取れたシルエット。
2戦とも落ち着いて周回していた。間隔が空いているだけに緩みがないかは要チェック。

ラッキーライラックは前後肢に適度な筋肉をまとった力強い体つきで、肩の出が窮屈に映ってもOK。リリーノーブルはふっくらと丸みを帯びた体形。
中1週でも柔軟性は維持したいところ。
細身のマウレアは輸送で大幅に体重が減ると黄信号。
【データで勝負】日曜阪神11R・阪神JF
【データからの注目馬・阪神11R】

◎(1)サヤカチャン

☆2012年以降、同名レース5戦では、アルテミスS組が【1・3・1・5】(GIIIに格付けされた14年以降)。連対した馬に限ると【1・2・1・1】3着内率80%

 1枠が3勝を挙げていることからサヤカチャンを狙う。前走のアルテミスSは逃げて小差の2着。阪神芝1600メートルは3走前に初勝利を挙げた舞台。豊富なキャリアも強みだ。絶好枠を生かして粘り込む。
【前走後の談話】日曜阪神11R・阪神JF
  ◇グリエルマ「いい位置に入り込むことができたと思うし、直線では外めへ逃げながらの感じだったけど、しっかりと脚を使ってくれた。いい内容で勝てたように思う」(川田将騎手)

 ◇コーディエライト「イレ込んでいたし、ゲートの中でチャカついて、出遅れてしまった。でも、楽に(ハナへ)行かせてもらえた」(和田竜騎手)

 ◇サウンドキアラ「乗り味が良く、いい瞬発力がある。距離はこれぐらいがいいと思うし、いいものを持っている」(武豊騎手)

 ◇サヤカチャン「こだわったわけではないが、マイペースで運ぶことを重視した結果がハナにいく形に。リズム良く運べて最後まで本当に頑張ってくれた。もう少し折り合いがつけば1800メートルぐらいの距離が合うのかもしれないが、現状ではマイルがいい」(松岡正騎手)

 ◇スカーレットカラー「上手にゲートを出られたし、道中は勝ち馬を見ながら折り合いもついていた。一瞬、進路を探している間に、勝ち馬に内からスムーズに行かれてしまった。でも、いい根性があるし、これから楽しみ」(太宰啓騎手)

 ◇ソシアルクラブ「怖がる面があったので、直線までじっくりと運んだ。ゴーサインを出してからはすごい脚を繰り出してくれたし、けいこ通りのパフォーマンスを見せてくれた」(岩田康騎手)

 ◇トーセンアンバー「レース前はテンションが高くて自分を失ってしまっている感じだったが、あの位置からここまで差を詰めてくれように能力のある馬だと思う。距離はもっとあっても良さそうな馬だし、これから気性が成長してくれれば」(Cデムーロ騎手)

 ◇トーセンブレス「まだ馬は全体的に柔らかいし、レースでもスムーズに加速することができなかった。素質の高さは感じるし、これから変わってくるだろう」(ルメール騎手)

 ◇ナディア「いい脚を使ってくれた。3コーナーの下りで少しバランスを崩したが、いいバネをしている」(福永祐騎手)

 ◇ノーブルアース「いい馬なんだけど、少し気が良すぎる。かといって行かせてしまうと外に逃げそうな感じだった。そのあたりの若さが抜けて、コントロールが利くようになれば走ってくると思う」(蛯名正騎手)

 ◇ハイヒール「最内枠からの競馬で道中はプレッシャーのかかる形でも頑張ってくれた。今後につながるレースはできた」(内田博騎手)=2走前

 ◇ベルーガ「直線ではすごい瞬発力だった。(これから)馬も成長するだろうし、能力も持っている馬。距離は1ハロン延びても大丈夫だと思う」(Cデムーロ騎手)

 ◇マウレア「他の馬もそうだけど、2列目が厳しい競馬になった。それでも、ひるまずに根性を見せてくれた。直線もいい脚だった」(戸崎圭騎手)

 ◇マドモアゼル「調教でまたがって、具合の良さを感じていたし、前回の勝ち方も良かったので、チャンスはあると思っていた。スタートでちょっと立ち遅れてしまったけど、二の脚の反応が良かったし、ラストも二枚腰を使ってくれた。距離はもう少しあってもこなせそうな感じがする」(松田大騎手)

 ◇モズスーパーフレア「道中で折り合い、いい位置でレースを進めることができた。次につながる内容だった」(松若風騎手)

 ◇モルトアレグロ「馬の地力に助けられた。逃げている馬の後ろにつけたかったけど、そのポジションを取られてしまった。外に出すタイミングもなくて馬場の悪いところを通らされてしまった。根性で勝ってくれた。ただ、まだ課題はある。距離は1600メートルがぎりぎり。もつようになんとかしたい」(吉田隼騎手)

 ◇ラスエモーショネス「自分の形で競馬ができた。直線で突き放したときは勝ったかと思ったが、勝ち馬の決め手にやられた」(岩田康騎手)

 ◇ラッキーライラック「前回と同様に好位から、(周りの動きに)左右されずに競馬したいと思っていた。馬場が緩かったぶん、力んでいたが、直線では前をとらえられると思っていた。このまま無事にいってほしい」(石橋脩騎手)

 ◇ラテュロス「スピードがマックスに到達するまでに時間がかかるタイプだから、早めに踏んでいったが。重賞でも頑張ってくれたが、もう少し距離があった方が競馬はしやすい」(秋山真騎手)

 ◇リリーノーブル「スムーズに運べたし、すごくいい馬。将来性が高いと思う」(川田将騎手)

 ◇レグルドール「気合が入りすぎており、スタートのタイミングが合わなかった。今日はあれがすべて」(高倉稜騎手)

 ◇ロックディスタウン「ちょうどいいポジションだった。直線は反応が鈍かったので、早くゴールしたかった。よく伸びた。走る」(ルメール騎手)


※ 阪神ジュベナイルフィリーズの無料予想が注目できるサイト
高配当21-馬連予想と3連複予想が期待できます!!


kouhai21

button3-3-u