競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    小倉記念

    小倉記念予想|穴馬が活躍しているコースから見える注目馬 
     
     

    【小倉記念(日曜=7日、小倉芝2000メートル)得ダネ情報】GIII小倉記念で唯一、滞在調整を行っているアングライフェンに、文字通りの密着マークを続けてきた小倉得ダネ班は「買い」のジャッジを下した。中日新聞杯が12着、新潟大賞典が10着と同じGIIIで2桁着順に終わっている馬が、3度目の重賞挑戦で大きく変わると判断した要因とは!?

     過去の戦績から抱いた印象が、実際に取材した後、時に大きく変わることがある。小倉記念が3度目の重賞挑戦となるアングライフェンの一般的なイメージは「器用に立ち回れるので準オープンでは大崩れしないが、重賞メンバーに入ると少し荷が重い」といったところか。しかし、前走のマレーシアC(1600万下)を勝った直後に安田調教師から飛び出した言葉は「この馬はもっと強くなる可能性を秘めていますよ」。その自信の源とは?

    「今回の中京までの輸送では10キロ、その前の東京(ジューンS4着)へ遠征した時は栗東での計量から20キロ減った。それなりの結果こそ出していますが、常に輸送距離を考慮した調整が必要となる馬なんです」

     輸送での大幅体重減は致命傷にもなりかねない。そんななかで安定した成績を挙げているのは、アングライフェンの高い資質があればこそ。最大の課題さえ克服できれば…。評価を上方修正することが可能なのだ。

     小倉記念参戦を決めた陣営が打った一手は、直前輸送を避けた早めの現地入り。「栗東で480キロまで増えた体は、先週金曜(7月29日)に小倉へ移動した時点で460キロまで減った」とは輸送に同行した担当の山下助手。やはり輸送減りは避けられなかった。

     しかし、「イレ込んで減るといってもパニックになって手がつけられなくなるようなタイプではありませんからね。環境の変化を用心深く注意している感じで、慣れてしまえば大丈夫。だから早めに小倉へ来たことは良かったと思いますよ。実際、今週になって体は回復してきましたし、落ち着きも出てきた。前走と同じくらいか、プラス体重で出走できそうです」と滞在調整の効果に手応えを感じている様子だ。



     過去の重賞2走を振り返り、「中日新聞杯は折り合いを気にし過ぎたのか、位置取りを悪くしてしまいましたからね。それでも0秒3差と大きく負けていません。(1秒0差惨敗の)新潟大賞典の時は短期放牧を挟んで、馬が少しガレたところから仕上げる形。この馬は放牧でリフレッシュされるというより、放牧先からの輸送、環境の変化で体を減らす問題もありますから」と敗因は明確に把握できている。



     その素質を開花させるために万全の対策を取られたアングライフェンが3度目の重賞で過去のイメージを払拭する走りを見せる。

     

    小倉記念ー過去5年で5番人気以降で3着以内になった馬

     

    日付馬名性別年齢騎手人気着順調教師走破タイム
    15年アズマシャトル4松若風馬61加用正1580
    14年マーティンボロ5藤岡佑介62友道康夫2001
    13年ラブリーデイ3川田将雅52池江泰寿1573
    12年ナリタクリスタル6武豊93木原一良1578
    11年キタサンアミーゴ5熊沢重文152松田博資1576
    11年リクエストソング5和田竜二83石坂正1577
    10年ニホンピロレガーロ7酒井学91服部利之1579
    09年ダンスアジョイ8角田晃一161松永幹夫1583
    09年クラウンプリンセス5太宰啓介93橋口弘次1583
    08年ケンブリッジレーザ5安藤光彰113大根田裕1586
    07年サンレイジャスパー5佐藤哲三61高橋成忠1587
    07年ニホンピロキース6赤木高太72服部利之1589
    07年アラタマサモンズ5芹沢純一103新川恵1591
    06年ヴィータローザ6上村洋行72橋口弘次1580
    06年ニホンピロキース5赤木高太93服部利之1582

     

    ↑↑

    これらの馬が活躍しているコースとは

     

    コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
    阪神・芝16005- 4- 7- 6/2222.70%72.70%83125
    京都・芝2400外5- 2- 3- 6/1631.30%62.50%166141
    京都・芝16004- 3- 1- 5/1330.80%61.50%143111
    京都・芝1800外4- 6- 7-12/2913.80%58.60%4090
    阪神・芝1600外5- 4- 2- 8/1926.30%57.90%241133
    新潟・芝2000外3- 4- 4-12/2313.00%47.80%96187
    小倉・芝18006- 2- 0-10/1833.30%44.40%18090
    京都・芝1600外0- 3- 8-16/270.00%40.70%0106
    阪神・芝2400外2- 2- 2- 9/1513.30%40.00%212193
    小倉・芝20006- 1- 2-14/2326.10%39.10%125140
    京都・芝20006- 2- 2-16/2623.10%38.50%13486
    阪神・芝1800外4- 0- 1- 9/1428.60%35.70%13575
    阪神・芝20002- 5- 4-20/316.50%35.50%111103
    中京・芝20003- 2- 3-15/2313.00%34.80%174117
    東京・芝20003- 1- 0- 8/1225.00%33.30%11557
    京都・ダ18003- 0- 3-15/2114.30%28.60%4946
    中山・芝20002- 0- 1- 8/1118.20%27.30%18488
    中山・芝18000- 2- 0- 8/100.00%20.00%030
    東京・芝18000- 1- 1- 8/100.00%20.00%053
    京都・芝2200外3- 0- 0-14/1717.60%17.60%7926
    福島・芝20000- 1- 0-10/110.00%9.10%028

     

    阪神競馬場芝1600mで活躍している馬で勝負

    テイエムイナズマかなwwww




    競馬好きならここの無料コンテンツを見逃したらもったいない。
    だからしっかりチェックしましょうw

    ギャロップジャパン


    gpj


    ↑↑
    これらのコンテンツが激アツですね
    無料で見ることができますwwww


    button3-4-u

     

    5
    【2016年競馬】小倉記念予想|ダゴールのネット評価まとめ

    ◆第52回小倉記念・G3(7日・芝2000メートル、小倉競馬場)

     サマー2000シリーズ第3戦、第52回小倉記念・G3(7日)は“熟年コンビ”が主役を務める。シリーズ初戦の七夕賞2着の雪辱を期す8歳馬のダコールとタッグを組むのは、48歳のベテラン、小牧太騎手。真夏の暑さに負けない熱い走りを誓う人馬から目が離せない。

     もどかしい思いが募っている。前走の七夕賞。小牧はダコールを直線で必死に追ったが、前を行くアルバートドックとの差がなかなか詰まらず、半馬身差の2着だった。

     「力のあるところは見せてくれているんだけどね。スムーズに外へ出すと、ハミを取らなかった。良くも悪くも、相手なりのタイプだから」

     ダコールと初めてタッグを組んだのは昨年5月の新潟大賞典。それまでキャリア36戦で2着10回、3着8回と“善戦マン”だった7歳馬を中団からの差しで重賞初制覇へ導いた。今年は重賞4戦のいずれもハンデ戦で58キロを背負いながら〈4〉〈2〉〈4〉〈2〉着。非常に手が合う鞍上は、小倉記念への課題を挙げる。

     「この馬はちょっと直線で行き場がなくなるような感じで詰まって、ラスト100メートルぐらいで前が開くという形が理想。今回は4つのコーナーで(馬群が)ばらけやすいので、その点がどうかやろうね」

     来月7日で49歳になる。平地を中心に騎乗する関西の騎手としては最年長だが、普段からダートコースを走って体力維持に努めている。減量にも対応して、今年は4年ぶりに52キロで騎乗した。例年、夏場は暑い中京、小倉が主戦場。小倉記念は兵庫所属時代の2001年にロサードで勝ったが、04年の中央入り後は未勝利だ。

     「自分の小倉記念というより、ダコールに早く勝たせてあげたい。8歳という年齢を感じさせないぐらい頑張っているし、ジョッキーの手綱さばきにかかっている馬。何とかしたい」

     悔しい思いはもういらない。2つ目のタイトルを手に、夏の中距離王者へ。小牧は熟年コンビで挑む大勝負に燃えている。

     一方、衰え知らずの8歳馬ダコールは前走後も、夏の栗東で元気いっぱいに調整を続けている。中竹調教師は「年齢を重ねてもずぶくなったとかはないし、前走後も変わりなく順調にきている」と状態面に胸を張る。

     今年は4走全てハンデ戦に出走。いずれも最重量58キロを背負っての戦いだったが、「斤量は気にしてない。馬場さえ良ければ大丈夫」とトレーナーが話すように、常に人気以上の結果を出してきた。

     そんなキャリア43戦のベテランが、唯一の重賞Vを飾った新潟と並んで得意にするのが小倉だ。「路盤の硬いコースが合っている。以前から競馬に行って、ソラを使うところがあるけど、小牧ジョッキーはよく分かってくれているし、もうひと押し」と中竹師。2つ目のタイトルをゲットして、シリーズ優勝へ大きく前進するか。

     
     
    ダゴール




    競馬ファンならチェック必至・・・・
    ここの予想の熱さは天下一品wwww

    競馬予想コンシェルジュ


    今週の鉄板軸馬
    ━━━━━━━━━━━
    只今今週の鉄板軸馬が更新されました!! 
    当サイト看板無料コンテンツ鉄板軸馬。
    下記よりご確認ください!!!


    無料でみることができるおすすめコンテンツ
    必ずチェックしたほうが良いwwww


    button3-4-u


    【【2016年競馬】小倉記念予想|ダゴールのネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ