福永祐一、まだ復帰が早かった件

無料コンテンツが熱い競馬情報会社

高配当21 
http://ko-21.jp/
高配当21の無料情報だけで大万馬券ゲット。無料情報に期待。

ドリーム万馬券.com
http://dream100uma.com/
無料コンテンツの質NO1ですね!馬連・3連複が熱い!!

千軍万馬 
http://sngn.jp/
重賞の無料コンテンツが激アツ!馬連予想で万馬券ゲット

by競馬予想会社ファン

 昨年10月31日の京都競馬で落馬して、右肩鎖関節脱臼、右肩の靱帯(じんたい)断裂などで戦列を離れていた福永祐一騎手(39)=栗・フリー=が、13日の京都競馬で約3カ月半ぶりにレースに復帰する。6日に調教騎乗を再開して1週間。ユーイチが満を持して2016年のスタートを切る。

 軽快に馬にまたがり、調教スタンドで騎手仲間と談笑する姿から約3カ月半の空白は全く感じない。昨年10月31日の落馬負傷で長期休養していたユーイチが、いよいよターフに戻ってくる。

 「調教に乗って体も戻って、感覚的にはなじんできた。レース勘は何とも言えないけど、体がすぐに思い出すと思う。大丈夫でしょう」

 6日に調教騎乗を再開し、追い切りでは馬を追う感覚も確かめた。「最初はスピードについていけなかったけど、2頭目からはすぐ戻った。追う動作も問題ない」とレース復帰に向け、万全の態勢を強調する。

 1月下旬から東京都内でリハビリを兼ねた本格的な治療とトレーニングで劇的に回復して、2月下旬から3月の復帰予定が前倒しになった。「毎日、いろんな治療やリハビリを入れて時間をかけてきたからね」。その成果もあったのか、筋肉量も負傷する前よりも増えている。

 今週は土日で計12鞍に騎乗。注目は日曜京都11R・京都記念のタッチングスピーチだろう。「昨年夏から馬がグンとよくなっていた。いい結果を出したい」と復帰週の重賞Vに意欲を見せる。

 「休養期間でしか気付けないこともあるし、いろんな人と話して得られた感覚もある。それを実戦でどう生かせるか。不安よりも楽しみの方が大きい」。競馬界に欠かせないジョッキーが帰ってくる。 (土井高志)

 
土曜日の彼
fuku2
 
【福永祐一、まだ復帰が早かった件|京都記念】の続きを読む