競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    アメリカJCC

    【2020年】アメリカJCC単勝予想オッズを考えてみる

    chuumokuuma


    アメリカJCC馬券買うなら
    ここチェックしましょう

    kachiuma



    まずは無料登録



    アメリカJCCの予想オッズですね。
    ネット競馬さんの参考にしてみます


    1番人気 ミッキースワロー 3.0

    2番人気 ブラストワンピース 3.3

    3番人気 ステイフーリッシュ 5.0

    4番人気 スティッフェリオ 6.3

    5番人気 ラストドラフト 7.6




    1番人気はミッキースワローですね。





     【広告】
    令和は令和ケイバ





    アメリカJCC予想|過去10年の複勝圏内馬の活躍コースとは

     今週のアメリカJCC・G2(22日、中山・芝2200メートル)で、ミライヘノツバサ(牡4歳、美浦・伊藤大士厩舎)が、重賞初制覇を狙う。3戦3勝と絶対的な強さを誇る舞台で、初めてのタイトルを手にするか。

     絶好のチャンスが巡ってきた。伊藤大調教師が笑みをもらした。「みんなに『中山では強いですね』と言われるけど、中山以外はあまり使ったことがないからね(笑い)。まあ、ステイゴールドの血が入っているので、合っているんでしょう。前走(迎春S=1着)後は少しでも不安があれば使わない予定だったが、今のところは不安はない」と期待を隠さなかった。

     皐月賞12着で菊花賞が13着。昨年の牡馬クラシックでは高い壁にはね返されたが、伊藤大師はその結果を前向きに捉えていた。「G1を使った経験が生きてきている。まだパドックでうるさかったり、前走では手前を替えなかったりするところがあるが、そのぶん、伸びしろはあると思う。少しずつ体もしっかりしてきた」と手応えをつかんでいる。完勝だった前走の迎春Sと同舞台で行われる重賞だけに、侮れない存在だ。(西山 智昭)

    【アメリカJCC予想|過去10年の複勝圏内馬の活躍コースとは】の続きを読む

    アメリカJCC予想|登録馬を見た時の感想
     
    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン

    アメリカJCCレース展望

     中山開催は最終週を迎え、日曜メーンにアメリカジョッキークラブカップ(24日、GII、芝2200メートル)が行われる。実績馬に有利なグレード別定戦ながら、昨年はゴールドシップが7着に終わるなど、過去3年いずれも1番人気馬が馬券圏内から外れているように波乱含みのレース。年末年始を挟んで調整が難しい厳冬期でもあり、直前の追い切りや当日の気配を見極める必要もありそうだ。

     今年はGIホースがいないが、昨年のダービー2着馬サトノラーゼン(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)が注目される。秋はセントライト記念7着、菊花賞5着と案外な結果に終わったが、この2戦だけで評価を下げるわけにはいかない実績の持ち主だ。菊花賞以来、3カ月ぶりの出走になるが、順調に調整されており、態勢は整いつつある。使いつつ調子を上げるタイプだけに、陣営も「絶好調とはいかない」(池江調教師)と認めているが、池江厩舎は先週の京成杯もプロフェットで制するなど冬場の中山重賞に強い。このレースもトーセンジョーダン、ダノンバラードで2勝しており、主力視するのが妥当だろう。

     マイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡5歳)は一昨年のダービー3着馬。一昨年の毎日杯V後は重賞未勝利ながら、前走の中山金杯で2着に入り、見通しは明るくなりつつある。この馬も同厩のホワイトフーガがJBCレディスクラシックに次いで13日のTCK女王盃を制し、暮れにはサウンドトゥルーが東京大賞典を制覇と、厩舎が絶好調なのは頼もしい。脚質に自在性があるのも強みだ。

     メンバーで唯一、57キロを背負うディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡7歳)は、昨年の札幌記念で重賞3勝目を飾った後も毎日王冠2着、天皇賞・秋8着、金鯱賞2着と、GIIなら確実に好勝負できることを証明している。主戦・四位洋文騎手が負傷療養中のため2年8カ月ぶりにコンビを組む武豊騎手も【1・1・1・2】と騎乗実績は十分。久々の騎乗ぶりが興味深い。

     ライズトゥフェイム(美浦・加藤征弘厩舎、牡6歳)は重賞初挑戦だった中山金杯で4着。スローペースで不向きな展開ながら、上がり3ハロン32秒6という驚異的な末脚で後方から追い込んできた。このタイムは中山競馬における史上最速ラップだけに、評価できる内容といっていい。2000メートルを超える距離は未経験という点が鍵になるが、血統的にはこなせる下地がある。追い込み一手の脚質だけに、流れが向けば一気の差し切りもあるだろう。

     ステラウインド(美浦・尾関知人厩舎、牡7歳)はオープン特別の万葉S勝ちの他、重賞では七夕賞2着、青葉賞、函館記念3着がある。もうワンパンチ欲しい印象だが、ここ2戦もハンデ戦で56キロを背負って福島記念4着、中山金杯5着と差のない競馬。中山芝2200メートルは【1・1・0・1】で着外の1戦も4着と安定しており、侮れない存在だ。

     同舞台の迎春Sを圧勝して波に乗るヤマニンボワラクテ(栗東・松永幹夫厩舎、セン5歳)は、中山芝【1・1・2・0】で2200メートルも【1・2・0・0】とどちらも複勝率100%。ここはベストの条件といえる。年明け3週で早くも6勝を挙げている松永幹厩舎は、昨年も20馬房で全国5位と充実ぶりが際立っている近況だ。デビュー6年目の藤懸貴志騎手には重賞初制覇の期待がかかる。

     1600万下を勝ったばかりで挑戦したジャパンCは12着に終わったショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡5歳)だが、勝ったショウナンパンドラとは0秒5差。重賞初挑戦を思えば健闘といっていい内容だった。弟のキタサンブラックがセントライト記念を勝ったのがこの舞台。父のステイゴールドは、先週の日曜中山最終レースで産駒が1~3着を独占しており、血統的にもこの条件では期待が持てる。

     前走のディセンバーSでトーセンレーヴのクビ差2着だったスーパームーン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡7歳)は、クリストフ・ルメール騎手との新コンビが魅力。同厩のルルーシュ(牡8歳)はGIIなら格上にランクできるが、1年5カ月の休養明けだけに分の悪さは否めない。同様に、一昨年の安田記念3着以来となるショウナンマイティ(栗東・梅田智之厩舎、牡8歳)も、底力では随一だが、割引が必要だろう。

     ほかでは、ディセンバーS(3着)をひと叩きされたクランモンタナ(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)や、ムラだが底力を秘めているスズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡5歳)なども侮れない存在だ。

     

    昨年のレース動画-アメリカJCC

     

    2015年
    1着 クリールカイザー 田辺裕信

    2着 ミトラ 柴山雄一

    3着 エアソミュール Cデムーロ



    2016年のアメリカJCCの登録馬
     

    登録馬を見た段階では

    サトノラーゼン

    マイネルプロスト

    スーパームーン



     

     


    【アメリカJCC予想|登録馬を見た時の感想】の続きを読む

    このページのトップヘ