競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    チャンピオンズカップ

    【2017年】チャンピオンズカップ予想|複勝圏内馬の活躍コースとはから見る傾向


    「広告」強烈サイト、ウィナーズが無料予想を公開中

    choketu


    JHAって競馬予想サイト知っている?
    競馬情報会社で予想が当たるって噂の新サイトですね。
    一度無料会員になるのもありだってね。


    【2017年】チャンピオンズカップ過去3年の複勝圏内馬

    日付 馬名 性別 年齢 騎手 人気 着順 調教師 走破タイム
    16年 サウンドトゥルー 6 大野拓弥 6 1 高木登 1501
    16年 アウォーディー 6 武豊 1 2 松永幹夫 1501
    16年 アスカノロマン 5 和田竜二 10 3 川村禎彦 1502
    15年 サンビスタ 6 M.デム 12 1 角居勝彦 1504
    15年 ノンコノユメ 3 ルメール 3 2 加藤征弘 1506
    15年 サウンドトゥルー 5 大野拓弥 5 3 高木登 1507
    14年 ホッコータルマエ 5 幸英明 2 1 西浦勝一 1510
    14年 ナムラビクター 5 小牧太 8 2 福島信晴 1511
    14年 ローマンレジェンド 6 岩田康誠 3 3 藤原英昭 1512

    ↑↑

    極ってサイト知っている?
    無料予想が当たるってサイトですね。
    一度無料会員になるのもありだってね。



    これらの馬が活躍しているコース

    コース 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    東京・ダ1400 2- 4- 2- 2/10 20.00% 80.00% 288 260
    中山・ダ1800 3- 4- 8- 4/19 15.80% 78.90% 52 180
    京都・ダ1800 11- 2- 6- 6/25 44.00% 76.00% 580 314
    阪神・ダ1800 7- 2- 5- 8/22 31.80% 63.60% 145 145
    東京・ダ1600 11- 4-10-17/42 26.20% 59.50% 98 105
    中京・ダ1800 7- 0- 2- 9/18 38.90% 50.00% 248 97
    京都・ダ1900 2- 0- 1- 7/10 20.00% 30.00% 91 64

    ※ 東京ダート1400m組



    【広告】
    競馬をやるならここを信頼

    いつも参考になる予想を展開しています
    有料コンテンツの一部は無料で見せてくれるから
    無料会員だけで結構楽しめます。

    いつもお世話になっております

    ランキングが熱い
    rang



    チャンピオンズカップ予想|2016年|穴馬が活躍コースとは

    競馬タウンが激アツ・・・・2ch

    ◆ダービージョッキー
    大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

     早いもので、今年も師走を迎えました。師走の競馬は、リーディング争いが熾烈になって、出走頭数も増えるため、予想するのが難しいレースが多くなります。

    【写真】チャンピオンズCで一発が期待される「穴馬」

     とはいえ、そこに絡むジョッキーや調教師など、関係者それぞれの思惑を読むのも、師走競馬の醍醐味と言えるでしょう。なぜ、あのジョッキーがこの馬に乗るのか? どうして、あの厩舎はこの馬をこのレースに使うのか? そんな普段とは違った角度から出馬表を見て、馬券予想に生かしてみるのも面白いと思いますよ。

     さて、今週のGIは「ダート王決定戦」となるチャンピオンズカップ(12月4日/中京・ダート1800m)。ここでも騎手の乗り替わりが多く、さまざまな思惑がありそうです。

     例えば、ルメール騎手は3歳春からずっと手綱を取ってきたノンコノユメ(セン4歳)ではなく、なぜかコパノリッキー(牡6歳)に騎乗します。先にジョッキーが決まったのがどちらの馬かにもよるのですが、これには何かしら”隠れた動機”がありそうです。

     今回と似たようなシチュエーションは、この秋のGIでもありました。エリザベス女王杯です。このときも、ルメール騎手はそれまで主に騎乗していたタッチングスピーチではなく、シングウィズジョイに乗っていました。その乗り替わりにも何かしら理由があったのでしょうが、結果はご存知のとおり、シングウィズジョイが2着と好走しました(※タッチングスピーチは8着)。面白いものですね。

     日本に主戦場を移して2年目となるルメール騎手。今年はすでに165勝を挙げて、日本の競馬の軸となっているジョッキーです。馬券検討においても、カギを握る存在であることは間違いありません。単純にそれだけで、コパノリッキーには注目が集まりそうです。

     実際、あの当たりの柔らかい騎乗は、コパノリッキーにはすごく合いそうな気がします。今回、どんな思惑があったにせよ、決して無視することのできない1頭です。

     アウォーディー(牡6歳)に乗る武豊騎手にも、さまざまな思惑があったのではないでしょうか。そもそも、武豊騎手はコパノリッキーの元主戦ジョッキー。さらに、アメリカの三冠レースにも一緒に挑んだラニ(牡3歳)も、お手馬の1頭です。そんな中で、アウォーディーを選んでいるわけですから、同馬への期待の高さがうかがえます。

     すでに前走、地方交流GIのJBCクラシック(11月3日/川崎・ダート2100m)を勝利。ハイレベルなメンバーを相手にして結果を出している分、現時点では最もいい感覚を持っているのでしょう。もしかすると来年は、ラニに乗っているかもしれませんが……。

     とにかく、ダート路線へ転向後、6連勝と底を見せていないアウォーディー。すべてのレースで好位につけ、センスのいい走りから自在に動いて白星を飾っています。ここ2戦も、着差こそわずかでしたが、内容的には「完勝」でした。



    チャンピオンズカップ穴馬

    日付 馬名 性別 年齢 騎手 人気 着順
    15年 サンビスタ 6 M.デム 12 1
    15年 サウンドトゥルー 5 大野拓弥 5 3
    14年 ナムラビクター 5 小牧太 8 2

    ↑↑
    これらの馬が活躍しているコース

    コース 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    京都・ダ1800 4- 0- 2- 0/ 6 66.70% 100.00% 1641 781
    東京・ダ1600 3- 1- 4- 6/14 21.40% 57.10% 65 99
    阪神・ダ2000 2- 1- 1- 0/ 4 50.00% 100.00% 255 175
    中京・ダ1800 2- 0- 0- 3/ 5 40.00% 40.00% 204 74
    小倉・ダ1700 2- 0- 0- 0/ 2 100.00% 100.00% 675 245
    東京・ダ1400 1- 2- 1- 1/ 5 20.00% 80.00% 288 260
    中山・ダ1800 1- 1- 5- 2/ 9 11.10% 77.80% 36 215
    函館・ダ1700 1- 1- 1- 0/ 3 33.30% 100.00% 90 153
    阪神・ダ1800 1- 0- 3- 2/ 6 16.70% 66.70% 66 128
    東京・ダ2100 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 125 65
    阪神・ダ1400 0- 2- 0- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 86
    新潟・ダ1800 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
    京都・ダ1900 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    東京・ダ1300 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0



    本命
    アポロケンタッキー
    (みやこS)





    ★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
      波乱が乱発するダート王決定戦



     12/4(日) チャンピオンズカップ(G1)
    ★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

    このレースで大切な事は・・・
    『穴馬を獲らえる法則』を知っているか否か!

    その法則にあてはめていくと、
    今年、台頭する穴馬は「●●●●●」!

    チャンピオンズカップは
    “高配当”を狙って獲れる
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    そんな貴重なレースです!
    決して見逃さないでください!

      ▽予想はこちらで詳しく掲載▽
    http://www.hicchu.net/tekichu/geter/

    ──────────────────
     チャンピオンズカップ(G1)で必須の
        馬券ポイントとは!?
    ──────────────────

    それでは、チャンピオンズカップ(G1)、
    馬券ポイントをお教え・・・

    したいところですが、
    ホームページ上だけの公開とさせてください><

    なぜなら・・・

    このチャンピオンズカップの情報だけは、
    文面ではお伝え出来ないほど、濃厚で貴重な内容だからです。

    高配当を異常な程当てやすいレースですからね。


    「なぜ?堂々とそんな事が言えるのか?」


    この時期の競馬は情報が集まりやすく、
    堅かろうが荒れようが当てやすいのです。


         その証拠に・・・

      【秋のG1はまだ無敗です】


    今週も的中が炸裂する事は間違いなしと言えるでしょう!


    この実力をチャンピオンズカップ(G1)で
    余すことなくお伝えいたします!
    ↓ ↓ ↓
    http://www.hicchu.net/tekichu/gets/

    チャンピオンズカップ2016年|過去2年の複勝圏内馬の実績コース


    ダートG1はこのサイトにおまかせ←これだから無料予想熱いw

     今週は中京競馬場でダート王を決めるチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月4日)が行われる。

     みやこSで重賞初Vのアポロケンタッキーが、勢いに乗ってG1制覇を狙う。「順調にきているし前走の状態をキープしている」と富岡助手は語った。前走のみやこSは「自信がなかった」という。「2走前(ブラジルC8着)があんな結果だったから」。1番人気での敗戦だったが、わずか1戦で巻き返すあたりが実力の証しだろう。「ばてないのが強み」だけに消耗戦になれば、チャンスがありそうだ。

    【チャンピオンズカップ2016年|過去2年の複勝圏内馬の実績コース】の続きを読む

    5
    チャンピオンズカップ予想|ノンコノユメの徹底まとめ


    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    競馬予想コンシェルジュ
    http://keibaconcier.com
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン


    ノンコノユメ-調教ニュースまとめ

    【チャンピオンズカップ(日曜=6日、中京ダート1800メートル)注目馬3日最終追い切り:美浦】目下4連勝中の3歳馬ノンコノユメは同厩ピグマリオン(古馬1000万下)、タケルアロー(2歳未勝利)とともに南ウッド入り。2頭を先導する形で進み、最後まで余力を残したまま馬体を並べてゴール板を通過した。5ハロン69・5―13・2秒と数字こそ目立つものではないが、叩き2戦目の上積みに加え、充実期に入った3歳馬らしい迫力がアクションの随所に感じられる。

     関西圏への輸送を控えた関東馬の木曜追いは異例だが、「レース3日前に追い切って前日に輸送するのは前回と同じ」と加藤征調教師。水曜追い→土曜競馬で臨んだ武蔵野Sの“勝ちパターン”を踏襲することで、馬のリズムを大切にした。

     加藤征調教師「調教で良く見せる馬ではないし、いつも通りの動き。前走は休み明けで気持ちの入り方とかが穏やか過ぎるくらいだったが、今回の方が見た目以上に気持ちが入っている。一線級の古馬に胸を借りるつもりで臨みたい」

     

    ノンコノユメ-共同会見

     ノンコノユメ(牡3・美浦・加藤征弘)を管理する加藤征弘調教師の共同記者会見が、同馬の追い切り後に行われた。

    (前走の武蔵野S(GIII・1着を振り返って)
    「スタートは良かったですけど、やはりちょっと行き脚がつかなかったのと、前半がややハイペースだったので少し追走に苦労しました。最後は外に出してから、いつもの自分の鋭い末脚を繰り出してくれましたので良かったです。こちらが思っていた以上に58キロの斤量をこなしてくれました」

    (この中間の調整について)
    「中2週ということで、そんなに強い調整はいらないので、先週の日曜日にウッドチップコースで15-15程度の調整して、今日は予定通りに丁度良い調整ができたと思います」

    (最終追い切りについて)
    「中2週ということもあってオーバーワークは避けたかったですし、後ろから追走して時計が速くなっても困るので、先行をさせました。調教は動き良く見せる馬ではないので、いつも通りのこの馬の動きだったと判断しています」

    (休み明けを1度使っての上積みは?)
    「前走は休み明けだった分、気持ちの入り方が穏やかだったような感じがするので、今回の方が見た目以上に気持ちは入っていると思います」

    (春と比べて変化したところは?)
    「この馬に限らずこの時期の3歳馬というのは、だいぶ骨格的にもしっかりしてくる時期なので、筋肉の張りなどできてきたなという感じはします」

    (中京コースについて)
    「直線はずっと坂が続いて、追い込み一辺倒というような極端な競馬をする馬には、あまり有利ではないと思います。最初からハミを取っていくという馬ではないので、レースの仕方はこれまで通りになると思います」

    (中京への輸送について)
    「ジャパンダートダービーの大井競馬は当日輸送なので、それまでの東京の青竜SからユニコーンSでも当日輸送にしてきました。今回の中京は1泊2日のパターンに変更するので、前回の武蔵野Sの時から1日前から東京に滞在して、今回の中京の1泊2日のパターンに備えました。全く心配はしていません」

    (相手関係について)
    「古馬の対戦と言っても、前走よりは遥かに強力なメンバーが揃いますので、そんなに簡単にはいかないとは思いますが、この馬に携わる私たちとしては、最後までこの馬の力を信じていくつもりです」

    (最後に意気込みを)
    「まだまだこれからの3歳馬なので、一線級の古馬の胸を借りて臨むつもりです」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【チャンピオンズカップ予想|ノンコノユメの徹底まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ