競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    穴馬

    チャンピオンズカップ予想|2016年|穴馬が活躍コースとは

    競馬タウンが激アツ・・・・2ch

    ◆ダービージョッキー
    大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

     早いもので、今年も師走を迎えました。師走の競馬は、リーディング争いが熾烈になって、出走頭数も増えるため、予想するのが難しいレースが多くなります。

    【写真】チャンピオンズCで一発が期待される「穴馬」

     とはいえ、そこに絡むジョッキーや調教師など、関係者それぞれの思惑を読むのも、師走競馬の醍醐味と言えるでしょう。なぜ、あのジョッキーがこの馬に乗るのか? どうして、あの厩舎はこの馬をこのレースに使うのか? そんな普段とは違った角度から出馬表を見て、馬券予想に生かしてみるのも面白いと思いますよ。

     さて、今週のGIは「ダート王決定戦」となるチャンピオンズカップ(12月4日/中京・ダート1800m)。ここでも騎手の乗り替わりが多く、さまざまな思惑がありそうです。

     例えば、ルメール騎手は3歳春からずっと手綱を取ってきたノンコノユメ(セン4歳)ではなく、なぜかコパノリッキー(牡6歳)に騎乗します。先にジョッキーが決まったのがどちらの馬かにもよるのですが、これには何かしら”隠れた動機”がありそうです。

     今回と似たようなシチュエーションは、この秋のGIでもありました。エリザベス女王杯です。このときも、ルメール騎手はそれまで主に騎乗していたタッチングスピーチではなく、シングウィズジョイに乗っていました。その乗り替わりにも何かしら理由があったのでしょうが、結果はご存知のとおり、シングウィズジョイが2着と好走しました(※タッチングスピーチは8着)。面白いものですね。

     日本に主戦場を移して2年目となるルメール騎手。今年はすでに165勝を挙げて、日本の競馬の軸となっているジョッキーです。馬券検討においても、カギを握る存在であることは間違いありません。単純にそれだけで、コパノリッキーには注目が集まりそうです。

     実際、あの当たりの柔らかい騎乗は、コパノリッキーにはすごく合いそうな気がします。今回、どんな思惑があったにせよ、決して無視することのできない1頭です。

     アウォーディー(牡6歳)に乗る武豊騎手にも、さまざまな思惑があったのではないでしょうか。そもそも、武豊騎手はコパノリッキーの元主戦ジョッキー。さらに、アメリカの三冠レースにも一緒に挑んだラニ(牡3歳)も、お手馬の1頭です。そんな中で、アウォーディーを選んでいるわけですから、同馬への期待の高さがうかがえます。

     すでに前走、地方交流GIのJBCクラシック(11月3日/川崎・ダート2100m)を勝利。ハイレベルなメンバーを相手にして結果を出している分、現時点では最もいい感覚を持っているのでしょう。もしかすると来年は、ラニに乗っているかもしれませんが……。

     とにかく、ダート路線へ転向後、6連勝と底を見せていないアウォーディー。すべてのレースで好位につけ、センスのいい走りから自在に動いて白星を飾っています。ここ2戦も、着差こそわずかでしたが、内容的には「完勝」でした。



    チャンピオンズカップ穴馬

    日付 馬名 性別 年齢 騎手 人気 着順
    15年 サンビスタ 6 M.デム 12 1
    15年 サウンドトゥルー 5 大野拓弥 5 3
    14年 ナムラビクター 5 小牧太 8 2

    ↑↑
    これらの馬が活躍しているコース

    コース 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    京都・ダ1800 4- 0- 2- 0/ 6 66.70% 100.00% 1641 781
    東京・ダ1600 3- 1- 4- 6/14 21.40% 57.10% 65 99
    阪神・ダ2000 2- 1- 1- 0/ 4 50.00% 100.00% 255 175
    中京・ダ1800 2- 0- 0- 3/ 5 40.00% 40.00% 204 74
    小倉・ダ1700 2- 0- 0- 0/ 2 100.00% 100.00% 675 245
    東京・ダ1400 1- 2- 1- 1/ 5 20.00% 80.00% 288 260
    中山・ダ1800 1- 1- 5- 2/ 9 11.10% 77.80% 36 215
    函館・ダ1700 1- 1- 1- 0/ 3 33.30% 100.00% 90 153
    阪神・ダ1800 1- 0- 3- 2/ 6 16.70% 66.70% 66 128
    東京・ダ2100 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 125 65
    阪神・ダ1400 0- 2- 0- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 86
    新潟・ダ1800 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
    京都・ダ1900 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    東京・ダ1300 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0



    本命
    アポロケンタッキー
    (みやこS)





    ★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
      波乱が乱発するダート王決定戦



     12/4(日) チャンピオンズカップ(G1)
    ★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

    このレースで大切な事は・・・
    『穴馬を獲らえる法則』を知っているか否か!

    その法則にあてはめていくと、
    今年、台頭する穴馬は「●●●●●」!

    チャンピオンズカップは
    “高配当”を狙って獲れる
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    そんな貴重なレースです!
    決して見逃さないでください!

      ▽予想はこちらで詳しく掲載▽
    http://www.hicchu.net/tekichu/geter/

    ──────────────────
     チャンピオンズカップ(G1)で必須の
        馬券ポイントとは!?
    ──────────────────

    それでは、チャンピオンズカップ(G1)、
    馬券ポイントをお教え・・・

    したいところですが、
    ホームページ上だけの公開とさせてください><

    なぜなら・・・

    このチャンピオンズカップの情報だけは、
    文面ではお伝え出来ないほど、濃厚で貴重な内容だからです。

    高配当を異常な程当てやすいレースですからね。


    「なぜ?堂々とそんな事が言えるのか?」


    この時期の競馬は情報が集まりやすく、
    堅かろうが荒れようが当てやすいのです。


         その証拠に・・・

      【秋のG1はまだ無敗です】


    今週も的中が炸裂する事は間違いなしと言えるでしょう!


    この実力をチャンピオンズカップ(G1)で
    余すことなくお伝えいたします!
    ↓ ↓ ↓
    http://www.hicchu.net/tekichu/gets/

    5
    トーセンバジル|2016年JC(ジャパンカップ)注目穴馬

    ここの無料コンテンツが激アツwwww無料でここまで情報流すw


     「ジャパンカップ・G1」(27日、東京)

     500万特別から準オープンまで3連勝中の上がり馬トーセンバジル。25日朝は栗東CWを半周してから、坂路で4F65秒3をマークした。

     上々の気配に「雰囲気はいいですよ。以前は内面に弱さを抱えていた馬ですが、本格化して走る気になってきました」と久保助手は目を細める。「この相手にどこまで戦えるか、ですね」。目下の充実ぶりを武器に強敵にぶつかっていく。

    【トーセンバジル|2016年JC(ジャパンカップ)注目穴馬】の続きを読む

    天皇賞秋予想|2016年|注目穴馬-サトノクラウン

     

    【PR】競馬予想はプロ予想無料で馬券予想GET-天皇賞(秋)が熱い


    福永手応え!クラウン一発の予感

     【G1ドキュメント=27日】天皇賞に出走する栗東組は全て水曜に追い切っており、この日は騎乗するジョッキーを取材するチャンス。寺下はG1で2戦連続連対中の福永を待った。朝一番の調教から引き揚げてくると、報道陣が取り囲む。

     鞍上は秋華賞をヴィブロスで優勝、先週の菊花賞も9番人気のレインボーラインを2着にエスコート。「えらい人気なかったな。展開は何パターンか想定していた。前半で折り合いがついていれば、ビューンと行けたかも」と振り返った。

     “絶好調男”は天皇賞でサトノクラウンに騎乗する。コンビを組んだ新馬、弥生賞は2戦2勝と好相性。「新馬戦のパドックで乗った時に“走る”と思った。他の出走馬にも乗っているけど、ヒケは取らないと思う」と手応えを口にする。

     デビュー3連勝を飾り、皐月賞(6着)では後の2冠馬を抑えて1番人気に支持された逸材。ダービーでも3着と世代上位の能力を秘めている。「ドゥラメンテとも走っていたし、平均的にレベルの高い馬。宝塚記念(6着)も、いい手応えで回ってきてた。うまく立ち回れれば、上位も狙えると思う」と意気込む。

     2頭出しの堀厩舎は年度代表馬のモーリスが注目されるが、“2頭出しは人気薄を狙え”という格言もある。「堀先生から“状態は悪くない”と聞いている。悪い時は悪いと言うてくるし、休み明けでもじっくり馬をつくる厩舎。心配していない」と全幅の信頼を置く。鞍上の好感触から、寺下は一発あるなと「☆」印を打った。

     
    ブリンカー効果だ!クラウンしまいしっかり13秒2

     サトノクラウンはWコースでベルキャニオン(5歳1600万)を先行させてからスタート。4角で進路を外に取ると、しっかり馬体を併せて4F54秒6~1F13秒2で併入。橋本助手は「調教で気を抜くところがあるのでブリンカーを着けた。行きっぷりもよく、しまいはしっかりしていた」と効果を実感。本番は引き続きチークピーシーズで挑む予定で、「昨年(17着)は状態が整っていなかったので参考外。東京コースはベストの条件なので期待している」と巻き返しへ力を込めた。

     

    【PR】天皇賞秋・・・・

    tennoushou

    【天皇賞秋予想|2016年|注目穴馬-サトノクラウン】の続きを読む

    菊花賞予想|注目穴馬カフジプリンス

     カフジプリンスは22日、前日と同じく角馬場からCWコースへ。軽快なフットワークで周回した。甲斐助手は「適度に気合が乗って、いい感じ。札幌帰りで体を戻しながらだった前走とは調整過程が違う。今回の方が状態はいい」と好感触。「折り合いの心配はないし、上手に競馬をしてくれたら」と期待していた。



    カフジプリンス
    父-ハーツクライ、母父-シンボリクリスエス


    カフジプリンス 阿寒湖特別 2016/07/30 札幌12R




    【菊花賞】カフジプリンス・矢作芳人調教師 
    淀の3000メートルはお任せあれ! スタミナなら一番だ!!





    ◆第77回菊花賞・G1(芝3000メートル、23日・京都競馬場)

     勝負師の視線が鋭く光っている。カフジプリンスは前走の神戸新聞杯で4着。ゴール前で力強い伸びを見せたが、矢作調教師は冷静だった。「(サトノダイヤモンドなど上位勢に)2400メートルなら正直、かなうわけない。能力差はある。ただ、今回は3000メートル。スタミナには自信があるから」と不敵に笑った。

     昨夏のデビュー戦(札幌・芝1800メートル)は勝ち馬から2秒8離された最下位。翌年の3月、10戦目で初勝利を挙げた。「ここまで変わるとは想像もしなかった」と振り返りながら、矢作師はこう続けた。「ファンは菊花賞で上り馬に期待すると思う」。

     開成高1年だった76年の菊花賞。春は無名のグリーングラスが実績馬たちを倒した走りに興奮した。「俺はTTG(トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラス)で完全に競馬へのめりこんだ世代。『ああいう馬をつくれたら』と思ってきた」。高校卒業後、競馬の道を選んだ。あれから37年。自ら鍛え上げた馬で、菊の大輪を射止める機会が巡ってきた。

     鞍上の岩田とはディープブリランテで12年日本ダービーを勝ったコンビ。「勝負どころの反応が鈍いから、合っているのかなと思う。デルタ(ブルース=04年に早めの仕掛けで押し切って勝利)のようなレースならと思うけど、岩田は『Don’t think Feel』(考えるな! 感じろ!=注)で乗ってくれれば、いいんだよ」と信頼は厚い。下克上へ確かな手応えがある。(山本 武志)=おわり=

     (注)ブルース・リー主演の映画「燃えよドラゴン」(1973年公開)の名セリフ。禅問答を元にしたもので「考えるな! 感じろ!」のあと、「それは月を指差すようなもの。指先を見ていては栄光はつかめない」と続く。

     ◆1976年 トウショウボーイとテンポイントが人気を集めるなか、優勝したのは前走で900万特別(当時)を勝ったグリーングラス。12番人気の伏兵が最終コーナーで内をすくい、2着のテンポイントに2馬身半差をつける完勝だった。3月の未勝利で初勝利を挙げた同馬は、春のクラシックに出走できなかった。このレースを機に、同世代3頭のライバル対決『TTG時代』が始まった。

     安田富騎手(グリーングラス)「外の馬がテンポイントだかなんだか、全くわからず、夢中で追っていた。勝てるのでは、と感じたのはゴール前100メートルくらいかな」





    菊花賞の穴馬探せそうな注目サイト
    無料会員になって予想をゲットしましょう

    第1位 ギャロップジャパン
    第2位 ウイナーズサークル
    第3位 万馬券キングダム


    5
    京都大賞典予想|2016年|過去の穴馬の活躍コースから気づく傾向

    的中ファクトリーが的中のラッシュ無料情報で体感できるすごい体験

    <京都大賞典:追い切り>

     京都大賞典(G2、芝2400メートル、10日=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)の主役候補、G1・2勝馬キタサンブラック(牡4、清水久)が5日、最終追い切りを行った。栗東Cウッドで素軽い動きを披露し、久々でも仕上がりは良好。今秋の大目標・ジャパンC→有馬記念制覇へ、G1・2戦2勝の淀から発進する。

     台風接近中の生暖かい風が吹く中、キタサンブラックがCウッドで絶好の動きを披露した。いつも通り黒岩騎手(レースは武豊騎手)を背に、ナンヨーマーズ(2歳新馬)を追走。直線で持ったままスーッと僚馬に並びかけると、鼻面を合わせながら6ハロン83秒2-12秒0をマーク。渋った馬場でも素軽い動きを披露し、ラストは頭差先着したところでフィニッシュした。

     春と同じ迫力ある動きに、清水久師も目を細める。「折り合いがついて、おしまいまでしっかり反応していました。抜けちゃうと遊ぶので、理想的な追い切りができましたね。休み明けとしては満足のいく状態で出走できます」と好仕上がりをアピール。宝塚記念3着以来の実戦だが「ここまで予定通りに来れました。いよいよ…というか、夏が終わるのは早いですね」と秋初戦に胸を躍らせる。

     実りの秋に入り、主戦・武豊騎手も波に乗ってきた。4日金沢の白山大賞典(ケイティブレイブ)を勝利し、現開催の地方競馬14場の交流重賞制覇を達成。これには自身も「知らなかった」と驚く。京都大賞典は得意なレースで過去7勝、2着1回と抜群の相性。今回勝てば自身3レース目の同一JRA重賞8勝(阪神大賞典と札幌記念で8勝)となる。「キタサンブラックも京都でG1を2つ勝っているしね。状態もすごくいいみたいだし、天皇賞馬らしい競馬をしたい」。オーナーの歌手・北島三郎が4日に80歳の誕生日を迎えたばかり。お祝いはもちろん、勝利しかない。【平本果那】

     


    京都大賞典を過去5年で5番人気以降で3着になった馬
    日付 馬名 性別 年齢 騎手 人気 着順 調教師 走破タイム
    15年 カレンミロティック 7 蛯名正義 5 3 平田修 2239
    14年 タマモベストプレイ 4 津村明秀 6 2 南井克巳 2242
    13年 ヒットザターゲット 5 北村友一 11 1 加藤敬二 2229
    13年 アンコイルド 4 吉田隼人 7 2 矢作芳人 2229
    12年 メイショウカンパク 5 池添謙一 5 1 荒川義之 2234
    12年 オウケンブルースリ 7 浜中俊 7 2 音無秀孝 2234
    09年 トーセンキャプテン 5 四位洋文 7 3 角居勝彦 2247
    08年 アドマイヤモナーク 7 安藤勝己 6 2 松田博資 2270
    08年 アイポッパー 8 上村洋行 7 3 清水出美 2270
    07年 アルナスライン 3 和田竜二 6 3 松元茂樹 2251
    06年 ファストタテヤマ 7 武幸四郎 7 2 安田伊佐 2316
    06年 トウショウナイト 5 武士沢友 5 3 保田一隆 2316

    ↑↑
    これらの馬が活躍しているコース

    コース 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    京都・芝2400外 7- 4- 3-17/31 22.60% 45.20% 144 76
    中山・芝2500 3- 5- 1-13/22 13.60% 40.90% 105 175
    京都・芝3000外 3- 3- 1- 3/10 30.00% 70.00% 113 323
    京都・芝1800外 3- 2- 3- 5/13 23.10% 61.50% 173 141
    福島・芝2000 3- 2- 0- 9/14 21.40% 35.70% 96 67
    東京・芝2500 2- 4- 2-16/24 8.30% 33.30% 122 89
    京都・芝2200外 2- 1- 2-14/19 10.50% 26.30% 100 78
    小倉・芝1800 2- 1- 2- 5/10 20.00% 50.00% 143 106
    新潟・芝2000外 2- 1- 1- 8/12 16.70% 33.30% 129 108
    東京・芝2000 2- 1- 0-14/17 11.80% 17.60% 54 32
    中京・芝2000 2- 0- 1- 9/12 16.70% 25.00% 81 46
    中山・芝2200 1- 3- 1- 8/13 7.70% 38.50% 12 99
    阪神・芝3000 1- 2- 2-11/16 6.30% 31.30% 28 63
    東京・芝2400 1- 2- 0-17/20 5.00% 15.00% 18 24
    阪神・芝2200 1- 1- 0-11/13 7.70% 15.40% 113 85
    京都・芝3200外 0- 2- 2-16/20 0.00% 20.00% 0 127
    札幌・芝2000 0- 2- 0- 8/10 0.00% 20.00% 0 189
    阪神・芝2000 0- 1- 1- 9/11 0.00% 18.20% 0 41


    京都3000m素直に菊花賞で好走している馬を買えばいいってことかな
    昨年の勝ち馬-キタサンブラック






    昔大好きだった、坂路の戸田・・・・
    そんな予想が見れるなんてwwwww
    的中ダイヤモンドが熱すぎですね
    tekichuda11



    このページのトップヘ