ヴィクトリアマイル予想|2020年|馬体診断(まとめ)


batai


アルケミストの無料予想は見ましたか?
aruke

 無料予想はチェック必至!!




ヴィクトリアマイルの馬体診断(ヤフーニュースより引用)


ヤフーニュース(デイリースポーツ)引用しています


【ヴィクトリアマイル馬体診断】アーモンドアイ

 
 【アーモンドアイ 評価S】 
 

  有馬記念とほぼ同じシルエット。しいて挙げるなら、アバラがうっすらと浮いた前回より、多少腹回りがふっくらとしているぐらい。肩回りの筋肉はこれ以上ないほど盛り上がり、無駄な脂肪は一切なし。背腰も張った状態に加えて、弾力性のあるトモの張り。強力なキックを繰り出す筋力が、全く落ちていない。きれいな長方形に仕上がり、薄い皮膚感も代謝が上がった証拠。もう変化を臨むのは酷。完成されている。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)


 〈1週前追い切り診断〉三浦を背に美浦Wで5F65秒2-36秒6-12秒0(馬なり)。僚馬2頭を大きく追走して内に潜ったが、脚力の違いであっさりと抜け出して余裕の先着。体がしっかりと伸びて、フォームのバネも抜群。態勢に隙はない。


【ヴィクトリアマイル馬体診断】ノームコア

 
 【ノームコア 評価A】 

 高松宮記念は香港遠征から約3カ月半の実戦。調整も難しかった。今回はじっくりと立て直したこともあって、馬体を膨らましての帰厩。どっしりとした腹袋を中心に、肩、トモもボリューム感あるつくり。それでもゴツく見せないのは、筋肉の質がいいのだろう。表情にもゆとりがあり、昨年の覇者がスケールアップして2連覇を狙う。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)


 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F68秒5-39秒6-11秒8(馬なり)。直線の追い比べでは、一気に抜け出して3馬身の先着。鋭いフットワークに加えて、パンパンに張った馬体が目下の出来の良さを表している。一変ムード。




【ヴィクトリアマイル馬体診断】サウンドキアラ

 
 【サウンドキアラ 評価A】 

 昨年のこのレースでは3勝クラスの身で格上挑戦し7着。それでも一線級の牝馬を相手に0秒7差と健闘し、素質の片りんを見せていた。重賞を3連勝して臨む今回は、出走馬中最大の上がり馬だ。その成長ぶりが顕著に現れているのが筋肉量が増加した点。肩と前腕の段差が昨年とは一変しているし、トモのボリューム感も明らかにアップしている。昨年は448キロで出走したが、前走時は458キロと10キロ体重が増加したことでも確認できるだろう。馬体に張りがあり毛ヅヤも上々で、状態は申し分なく好調だ。首回りの太さや体形からマイル戦はベストの条件。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


 〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東坂路で4F53秒5-38秒4-12秒5(仕掛け)。気負うことなくスイスイと登坂。ゴール前で気合をつけられるとひと伸びを見せた。好調をキープしている。


【ヴィクトリアマイル馬体診断】スカーレットカラー

 
 【スカーレットカラー 評価A】 

 3カ月半ぶりの前走阪神牝馬S(2着)では、16キロ増(デビュー以来最高490キロ)の馬体重。マイル仕様の体つきとはいえ、いくらか余裕が残っていたのは確か。今回はひと叩きされて、腹回りがすっきりとしてきた。引き続き馬体の張りも上々だし、皮膚も薄くなり前腕と下腿(かたい)の血管がはっきりと浮き出ている。臀部(でんぶ)の上部には銭形模様の斑点も見えており、体調はかなり上向いてきた。昨秋の馬体でも充実してきたと思っていたのだが、今回は胸前の筋肉がさらに盛り上がってきたし肩の筋肉量も申し分ない。もう一段上の馬体に仕上がった。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


 〈1週前追い切り診断〉太宰を背にCWで6F79秒5-36秒6-11秒6(一杯)。メイショウクライム(4歳1勝クラス)を1秒2追走して0秒8先着。休み明けをひと叩きされて、動きはさらに活気を増してきた。気配も良化し、確実に状態は上向いている。





管理人も無料予想だけはチェックしています!!
競馬WAVEを見逃すな!!
keibawave