競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    2016年12月

    有馬記念2016年|直前情報と直結コースまとめ

    ターフオンラインの無料予想が注目!!
    ここで儲けましょうw



    有馬記念-展開から浮上する馬

     「有馬記念・G1」(25日、中山)

     スピードタイプのマルターズアポジーが後続を離した逃げを打ちそうなムード。キタサンブラックはこれを行かせて2、3番手でリズムを守りたいが、楽をさせたくないノーザンファーム系の内枠馬ムスカテール、サムソンズプライド、“サトノ”のノブレスなどが絡んでくるケースも十分に考えられる。

     キタサンブラック、サトノダイヤモンドの2強ムードだが、展開面では後者に分がありそう。流れに乗って、強烈な末脚を発揮できるイメージが描ける。グランプリらしいタフなレースに傾くなら、マリアライトにとっては好都合。スタミナ&末脚の持続力があるシュヴァルグランも持ち味を存分に引き出せそうだ。穴なら腹をくくって構えそうな鞍上も含めてヤマカツエースとアドマイヤデウスか。


    有馬記念-世相から浮上する馬

     

     「有馬記念・G1」(25日、中山)

     その年の世相が、しばしばレース結果に反映されるのが有馬記念。ストレートに考えれば、今年の有馬は堅い。まずはテレビCMや新聞広告。ご覧になった方は明らかに笑福亭鶴瓶の着ている羽織の色に違和感を抱いたはずだ。なぜあえて焦げ茶?さらに隣の瑛太の羽織は(こちらは普通だが)黒色。この配色はまさにキタサンブラックの勝負服を連想させる。

     さらに、プレゼンターを務めるのは大リーガー・田中将大。誕生日は11月1日だ。そのマー君が抽選に参加した結果、ブラックが得たのは自身4戦無敗の1枠1番。完全に流れができている。誕生日そのもの1-11で決まっても、相手は11サトノダイヤモンド。これは第61回有馬記念から来る枠連1-6でもある。ちなみに、日本ハムが日本一となった過去2回1962年(オンスロート)、06年(ディープインパクト)の有馬はともにファン投票1位馬が勝利している。

     一方、毎年必ずチェックしておきたい、今年の漢字は“金”。普通に考えれば、“ゴールド”アクターか。この馬、“ポケモンGO”ルドアクターとも読めるって…やっぱりこの前年覇者も人気馬だ。今年は波乱を望めないのか。

     いやいやいや…そんな単純じゃおもしろくない。ここからは一気に世相から穴っぽい馬を絞っていく。まずは世界を驚かせたトランプ次期大統領の逆転勝利。トランプから連想される馬名はヤマカツ“エース”とミッキー“クイーン”だろう。サトノ“ダイヤ”モンド、キタサン“ブラック”もダイヤ、クラブをイメージさせるが、やっぱりAとQの方が花形である。

     このヤマカツエースは相当怪しい。“キング”カメハメハ産駒とあって、トランプ界最強の組み合わせ『キング&エース』!そもそも“金”カメ産駒とも捉えることもできる。

     そして決定的な“証拠”を過去の歴史が教えてくれている。今年の漢字で掘り下げると、過去に「金」が選ばれた年は2回。1回目の00年は、2着にその年の“金”鯱賞勝ち馬メイショウドトウ(2番人気)が、2回目の12年も同じく同年の金鯱賞を勝ったオーシャンブルーが10番人気で2着に突っ込んでいるのだ。

     ヤマカツエースはといえば、前走で金鯱賞を制覇。そして今年の中山“金”杯勝ち馬でもある。

     もう一頭のミッキークイーンも負けていない。ミッキーと言えば、“ドナルド”・トランプで、大ヒット映画「君の名は。」のキ、ミの文字も入っている。それに今年、日本中を騒がせたあの人…そう“ベッキー”クイーン、さらに逃げ恥の恋ダンスで話題を集めた“ガッキー”クイーン…少々、強引か。

     そして、やはり「カープ優勝」、「真田丸」(幸村の赤いよろい)、「カズレーザー」(赤い服がトレードマーク)と今年の流行もんが詰まった“赤ヘル”の3枠馬2頭は外せない。特にカープ25年ぶりV、スマップ25周年で解散と、気になる数字が絡む5番サムソンズプライドは超大穴候補としてピックアップ。実はこの馬、マルターズアポジーとともに、スペルに“S・M・A・P”の文字が含まれている。

     この3頭が馬券に絡まなかったからって、くれぐれも“有馬ハズレたデイリー死ね”とか書き込んじゃダメよ!

     
    【有馬記念2016年|直前情報と直結コースまとめ】の続きを読む

    有馬記念予想|2016年|キタサンブラックまとめ

    有馬記念の予想はここを期待・・・プロ予想だけにしっかり注目

    【有馬記念】武豊、キタサンブラックでサンタになる

     ジャパンCで世界の頂点に立ち、有馬記念のファン投票でも断トツの支持を集めたキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)。クリスマスGPでも1番人気は確実だが、コンビを組む武豊騎手(47)=栗東・フリー=を、競馬情報番組でリポーターを務めるタレント、山口実香(27)が直撃。武サンタからのプレゼントの約束を取り付けた?!

     山口 いよいよ有馬記念。キタサンブラックの強さの秘密について、武豊騎手に迫りたいと思います。まず、この馬に騎乗するときに大事にしていることは何ですか。

     武豊 いろいろあるけど、すごくストライドが大きい走りをする馬だから、のびのびと走らせるようにしているよ。

     山口 春と比べて変わった点は。

     武豊 春の天皇賞を勝ったあと、宝塚記念(3着)のときに力強くなったな、と。結果は負けたけどね。秋初戦の京都大賞典(1着)で、また良くなっていて、ジャパンCは条件がそろっていたのもあったけど、今までにない勝ちっぷりで完勝だった。充実期に入ったなという感じだね。

     山口 ファン投票で圧倒的な1位でした。

     武豊  実力先行型だね。宝塚記念でもファン投票1位だったのに、レースでは2番人気という珍現象だった(笑)。まあ、ジャパンCが強かったからね。それに競馬番組以外でも取り上げられるほど人気もある。久しぶりじゃないかな、競馬を知らない人も名前を知っている馬は。それこそディープインパクト以来じゃないかな。

     山口 同じ年にジャパンCと有馬記念を勝てば、そのディープインパクト以来になります。

     武豊 オルフェーヴルやジェンティルドンナもしていないんだ!? そうなればいいね。

     山口 どんな性格なんですか。

     武豊 すごくいいやつだよ。友達になりたいね(笑)。人を困らせる感じがなくて、まじめで優等生の感じ。乗っていても、すごく手を焼くことがないね。スタートした後にちょっと熱くなりかけるけど、自分で冷静になれる。だから、距離が長くなっても大丈夫なんだろうね。

     山口 有馬記念への手応えはどうですか。

     武豊 当然、チャンスだと思う。春の天皇賞、ジャパンCと勝ったから、有馬も勝って、後々に2016年はキタサンブラックの年だったといわれるようにしたいね。

     山口 今年の有馬記念はクリスマス決戦になりますが、武豊サンタになってくれますか。

     武豊 あまり競馬ファンはクリスマスを気にしていないだろうけどね(笑)。まあでも、今年の有馬記念は盛り上がりそう。キタサンブラックのファンにいいクリスマスプレゼントを届けたいね。

     山口  武さんご自身は、今年を振り返ってどうでしたか。

     武豊 充実感はあったかな。数字的にはまだまだ物足りなくて、単純にJRAの年間勝ち星だけならキャリアの中でもワーストに近い。でも、海外遠征(仏GIイスパーン賞=エイシンヒカリ、ドバイGII・UAEダービー=ラニ)で勝てたし、やっぱりキタサンブラックが大きい。今年は海外とキタサンブラックの年だから、有馬を勝って締めくくりたいね。

    ★19日のキタサンブラック

     滋賀・栗東トレセンは全休日。厩舎でのんびりと静養した。担当の辻田厩務員は「前走後、少し疲れは見えたけど、今は回復している。昨年は放牧明けで調子が上がり切っていなかった。今年は予定どおりにきているし、前走と同じくらいの感じで競馬に行ければいい」と穏やかな表情。快勝したジャパンCの状態を保てればOKという姿勢を示した。

    ★得票率はディープ超え!

     ファン投票1位のキタサンブラックは13万7353票を集めた。その得票率は79.0%。インターネットでの投票を開始した1998年以降で、2006年ディープインパクトの78.7%を超えトップとなった。人気と実力を兼ね備えた名馬である証明だ。

    ■武豊の有馬記念制覇VTR

     ★オグリキャップ

     “芦毛の怪物”のラストランとなった1990年。前2走が天皇賞・秋6着、ジャパンC11着で4番人気に甘んじたが、武豊騎手がスローペースの好位追走から早めに動く好騎乗で後続を抑え込み、アイドルホースが復活V。日本列島を感動の渦に巻き込んだ。

     ★ディープインパクト

     圧倒的な強さでタイトルを積み重ねてきた名馬が引退する2006年。単勝支持率70%、1.2倍の人気にこたえて、後方から武豊騎手のゴーサインで飛んできた。直線ではあっという間に突き抜けて3馬身差V。レース後の引退式には約5万人のファンが居残り、英雄との別れを惜しんだ。

    ■山口 実香(やまぐち・みか)

     1989(平成元)年11月2日生まれ、27歳。三重県出身。2014年1月から競馬場やウインズなどで放映されている『タートピッ!』の栗東トレセンリポーターを務める。4月から大阪サンスポの日曜付の競馬面でコラム『みかトピッ!』を連載中。

    ■武 豊(たけ・ゆたか)

     1969(昭和44)年3月15日生まれ、47歳。京都府出身。父は武邦彦元騎手、調教師。弟は武幸四郎騎手。87年に栗東・武田作十郎厩舎所属でデビュー。同年に69勝し、当時の新人年間最多勝記録を樹立した。89、90、92~2000、02~08年と計18回の全国リーディングを獲得。JRA3859勝、重賞310勝、GIは71勝(19日現在)。1メートル70、51キロ。血液型O。


    【有馬記念】キタサンブラックで決まりJC1番人気で勝った馬V率100%

     暮れの国民的競馬イベント「第61回有馬記念」。今回はスペシャル拡大版で過去10年から20年に拡大してデータを分析。その結果、V候補にはジャパンCを制したキタサンブラックを指名。そのジャパンCでブラックに迫ったサウンズオブアースも虎視眈々(たんたん)と逆転Vを狙っている。

     (1)年齢 過去20年の優勝馬は全て3~5歳。6歳以上馬は2、3着はあるものの、、勝ち切るまでは厳しいのがグランプリ。ジャパンCや宝塚記念で牡馬相手に好走歴がある牝馬デニムアンドルビーは既に6歳。常識的には苦戦か。

     (2)前走 やはり古馬は天皇賞・秋とジャパンCが王道。菊花賞組は勝っていることが条件となる。過去には凱旋門賞や毎日王冠、アルゼンチン共和国杯からも勝ち馬が出てるが、今年は該当馬なし。アルバートやヤマカツエースは重賞を勝っての参戦で勢いが魅力も、王道組に比べると戦歴がパンチ不足。マリアライト、ミッキークイーンはエリザベス女王杯からの転戦が割引。牝馬は天皇賞・秋かジャパンCで牡馬と好勝負してこないと、ここでは厳しい。

     (3)今年の成績 該当20頭中19頭が、その年にG2以上を勝つかG1連対という成績を残していた。唯一の例外である98年グラスワンダーは、年明けから10カ月も休養していたから仕方ない。アドマイヤデウスは今年5戦して未勝利。好走は難しそうだ。

     (4)菊花賞組 その年の菊花賞馬が有馬も連勝したケースは3回。11年オルフェーヴルは3冠馬、12年ゴールドシップは皐月賞との2冠制覇だったた。01年マンハッタンカフェは典型的な夏の上がり馬で、春のクラシックは不出走。ダービー馬が不在の菊花賞を勝っただけのサトノダイヤモンドは、やや実績不足か。

     (5)JC組 前走がジャパンCだった優勝馬は9頭。うち3歳を除いた古馬7頭は、JCの時点で2番人気以内と既にファンが実力を認めていた。加えてJCを1番人気で勝った馬はグランプリ3戦3勝。

     結論 キタサンブラックで堅い。有馬は前年の2、3着馬がリベンジVを果たすケースが多く、昨年3着の実績もプラス要素。年末のトリはやっぱり、サブちゃんの「まつり」で決まり!

    【有馬記念予想|2016年|キタサンブラックまとめ】の続きを読む

    朝日杯FSレッドアンシェル無傷V3へ活気充分

     札幌の新馬戦を4馬身差圧勝、京都のもみじSも完勝した2戦2勝レッドアンシェルは、栗東CWコース単走で息を整えた。加藤騎手(レースはシュミノー騎手)を背に課題のテンションも上がることなく、馬場入りはスムーズ。活気ある動きで5F67秒7、ラスト1F12秒5と仕上がりの良さをアピールした。

     「5F68秒くらいで、最後は軽く仕掛けて12秒半ばを予定。ピッタリだった。今まではピッチ走法だったのが、手脚が伸びた大きなストライドで気持ち良さそうに走っていた」と、庄野調教師は満足そうにうなずいた。

     「まだまだ挑戦者」と言いながらも、「馬ごみは気にしないので、多頭数をうまくさばいてほしい。抜け出してしまえば速いから」と、期待感にあふれていた。(夕刊フジ)


    【東西記者が走る】 ”切れ者”アンシェル不気味

     1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画で、朝日杯フューチュリティステークスは大阪サンスポのルーキー・山口大輝記者(25)が担当する。連載2日目は、もみじSで鮮やかな差し切りを見せたレッドアンシェルがターゲット。2戦2勝で、未知の可能性を感じさせる。実績では劣るが、陣営は自信たっぷりだ。

     密着2日目は朝、目覚めると嫌な予感が…。宿舎を出て、空を見上げると冷たい雨が降り注いでいた。長靴の用意がなかったため、スニーカーでの“重馬場”取材は足にこたえたが、レッドアンシェル陣営から熱のこもった話を聞くや、疲れも取れていった。

     まずは庄野調教師にストレートを投げてみる。

     「この馬のいいところは?」

     すると即座に“ボール”が返ってきた。

     「体幹がいいよね。走りにブレがない。それでいて、バネもいいものがある」

     さらに担当の久保智助手からも「今回の相手は強いですからね」としながらも、「まだ底をみせていない。レース後も獣医師は『心音が乱れていない』といってました」と、好感触が加えられる。

     デビュー2戦で手綱を取った福永騎手の落馬負傷により、シュミノー騎手に乗り替わる点についても、「操縦性の高い馬ですから問題ないと思います。先週、シュミノー騎手も『イージーホース』と言ってくれた」と全く心配していなかった。武器は「瞬発力となんでもできるところ。雨でも、パンパンの馬場でも大丈夫」と同助手は胸を張った。

     新馬戦は稍重の札幌コース(1500メートル)。好発を決め、道中3番手から4馬身差の圧勝をみせた。続く、もみじSは京都の1400メートルというスピードが問われる条件でも1馬身半差の快勝。初めての距離も「(手綱を取った)福永さんも『マイルぐらいがちょうどいい』といっていました」と死角は少なそうだ。

     相手は強化されるが、不安より楽しみの方が大きい様子。初めてのフルゲートの競馬に関しても庄野調教師は「馬混みに入っても、抑えが利く。あとはうまくさばけるかだけ」と自信をにじませた。

     最後に、馬房にいるレッドアンシェルの鼻面をなでてあげると、遊んでほしいのか、じゃれついてきた。軽くかまれそうになりながらもスキンシップ。レースでは見せない2歳らしさに癒やされたが、まだ2日目。大事な追い切りも控えており、どんどん取材を続けていきたい。 (山口大輝)


    レッドアンシェル底知れぬ魅力。シュミノー絶賛「ベリーグッド」

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     目下2戦2勝の才女・ミスエルテに注目が集まるが、同じ“負け知らず”の牡馬も黙ってはいない。新馬-野路菊Sを制したアメリカズカップ、新馬-もみじSを快勝したレッドアンシェルのマンハッタンカフェ産駒2騎が、虎視たんたんと無敗2歳王者の座を狙っている。3勝以上の馬が不在の年は09年ローズキングダム、11年アルフレード、13年アジアエクスプレスと2戦2勝馬が3連続でV。連勝の勢いで一気に頂点を極める。

     もみじSを制して2連勝としたレッドアンシェル。14年の勝ち馬アルマワイオリもこのレースで2着に好走しており、今年も目が離せない。

     2カ月ぶりの実戦となるが、久保智助手は「順調に来ています。今まではテンションが高いところがあったけど、この馬なりに落ち着いています」と気配の良さを口にする。「1週前に乗ったシュミノーは“ベリーグッド、ベリーイージー”と。G1でどこまでやれるかだが、まだ底を見せていないので」と、大一番に意欲的だった。


    【朝日杯FS】あとはマイルの距離と阪のあるコース

    【朝日杯フューチュリティステークス(日曜=18日、阪神芝外1600メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】レッドアンシェルはウッドで1周半のキャンター調整。

     久保智助手「前走(もみじS=1着)は追い切った後に疲れが出て、テンションも上がっていたんだけど、レースではすごい脚を見せてくれた。1週前にウッドで長めから負荷をかけたが、今のところ落ち着いている。あとはマイルの距離と(直線に)坂のあるコースになってどうかだけ」

    朝日杯FS|2016年過去2年の複勝圏内馬から気づく点

    ターフビジョンの無料予想は為になる情報満載

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     02年マイルCSを制したトウカイポイント以来、14年ぶりの“地方出身馬”のJRA・G1制覇へ。中央転厩2戦目を迎えるトラストが、東スポ杯2歳S5着からの巻き返しを誓う。

     マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏の所有馬で、公営・川崎在籍時にJRAの札幌2歳Sを制覇。重賞タイトルを引っさげて、満を持して栗東・中村厩舎に転厩した。

     期待された東スポ杯2歳Sは、序盤に折り合いを欠いた分、ラスト1Fで失速。中村師は「返し馬が不用意。競馬と勘違いしてガーッと行ってしまった。案の定、レースでも一気にスタートを切ってしまった」と主戦の柴田大に厳しい目を向ける。だが、あくまでも前哨戦。本番へ向けて修正点も見つかった。

     反省を踏まえ、この中間は「馬群で折り合いをつける練習をしている。調整は順調」と指揮官。1週前の動きはスムーズ。反撃への準備は着々と進んでいる。汚名返上といきたい柴田大も、10日のチャレンジC(マイネルハニー)で重賞制覇。人馬一体となって、ビッグタイトルをつかんでみせる。

    【朝日杯FS|2016年過去2年の複勝圏内馬から気づく点】の続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|本当の狙い目・・・!!

    競馬ファンなら…これ見てどう思う・・・!!

     JRA2歳女王決定戦「第68回阪神ジュベナイルフィリーズ」(11日=日曜11R・15時40分発走、阪神芝外1600メートル)の枠順が9日午前、以下のように決まった。

     英国でGI・10勝を含む14戦全勝の成績を残して引退した“怪物”フランケルの娘で2戦2勝のソウルスターリング(ルメール騎乗)は1枠2番、新馬勝ちこそ逃したが2走目で今回と同じ阪神外回りコースでレコード勝ちと素質の高さを示して続くアルテミスSも制覇したリスグラシュー(戸崎圭騎乗)は8枠18番からスタートする。

     新馬→ききょうS→デイリー杯2歳Sと3戦負けなしのジューヌエコール(バルザローナ騎乗)は6枠11番、小倉2歳S覇者で前走の京王杯2歳Sでは牡馬相手に2着と善戦したレーヌミノル(蛯名騎乗)は2枠4番、新馬→新潟2歳Sと連勝し夏以来の実戦となるものの放牧先で乗り込まれてきたヴゼットジョリー(和田騎乗)は8枠17番に入った。

     なお、このレースは10日(土曜)から前売りが開始される。

    ★「阪神JF」枠順と騎手(全馬54キロ)★

    【1枠】 1番 ディーパワンサ   シュタルケ
    【1枠】 2番 ソウルスターリング ルメール
    【2枠】 3番 エムオービーナス  木幡初
    【2枠】 4番 レーヌミノル    蛯名
    【3枠】 5番 ポンポン      嘉藤
    【3枠】 6番 ショーウェイ    松若
    【4枠】 7番 ブラックオニキス  城戸
    【4枠】 8番 サトノアリシア   池添
    【5枠】 9番 ジャストザマリン  四位
    【5枠】10番 クインズサリナ   シュミノー
    【6枠】11番 ジューヌエコール  バルザローナ
    【6枠】12番 アリンナ      田辺
    【7枠】13番 ゴールドケープ   丸山
    【7枠】14番 スズカゼ      松田
    【7枠】15番 フェルトベルク   川島
    【8枠】16番 シグルーン     藤岡康
    【8枠】17番 ヴゼットジョリー  和田
    【8枠】18番 リスグラシュー   戸崎圭

    【阪神ジュベナイルフィリーズ予想|本当の狙い目・・・!!】の続きを読む

    このページのトップヘ