競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    2016年07月

    5
    アイビスサマーダッシュ予想|2016年|ベルカントの連覇の期待

     連覇を狙うベルカントに、この条件への適性の高さを見せるプリンセスムーンやネロなど面白いメンバーが集結。真夏の電撃戦を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■7/31(日) アイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・新潟芝1000m)

     ベルカント(牝5、栗東・角田晃一厩舎)は昨年の本レースを2馬身差で圧勝。ドバイ遠征帰りだった前走のCBC賞でも0.1秒差の3着に入り、力のあるところを見せている。この一叩きで状態の上積みは間違いなく見込め、0.5キロとはいえ前走からの斤量減もプラス。ここは連覇が期待される。

     プリンセスムーン(牝6、栗東・安田隆行厩舎)は駿風S(1600万下)、韋駄天S(OP)と連勝中。これも含めて新潟直線1000mでは5戦3勝2着2回と連対を外しておらず、適性は非常に高い。6歳にして重賞初挑戦だが、この舞台ならチャンスは十分だろう。

     ネロ(牡5、栗東・森秀行厩舎)は前走の韋駄天Sでプリンセスムーンの2着だったが、トップハンデを背負っていたため、斤量差は4.5キロもあった。当然別定戦になっての斤量減は大きく、こちらも新潟直線1000mは4戦2勝2着2回と抜群の相性を誇る。ここで逆転しての重賞初制覇なるか。

     その他、一昨年・昨年の本レースで3着のアースソニック(牡7、栗東・中竹和也厩舎)、一叩きで良くなりそうなアットウィル(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)、昨年の韋駄天Sで波乱を起こしたフレイムヘイロー(セ8、美浦・ 蛯名利弘厩舎)、格上挑戦でもこの条件なら侮れないブライトチェリー(牝6、美浦・菊川正達厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

     

    アイビスサマーダッシュー2016年



    1着 ベルカント Mデムーロ

    2着 シンボリディスコ 田中勝春

    3着 アースソニック 丸田恭介

     


    牝馬でサクラバクシンオー

    過去3勝

     

     



    大川慶次郎の遺伝子
    追い切りデータとか競馬ファンなら無料ならチェックwwww



    【アイビスサマーダッシュ予想|2016年|ベルカントの連覇の期待】の続きを読む

    5

    函館2歳S予想|2016年|過去の穴馬が活躍しているコースとは

    ◆第48回函館2歳S・G3(24日・函館、芝1200メートル)

     2歳世代最初のJRA重賞、第48回函館2歳S・G3(24日、函館)は、新馬勝ちから連闘で臨むポッドジーニーが一気の重賞Vへ意欲満々だ。

     予定通りの連闘策でポッドジーニーが、初タイトルを狙っている。16日の初戦は、8頭立ての大外枠から内を見ながら先頭へ。マイペースに持ち込み、直線で軽く仕掛けただけで後続を突き放し、最後は流す余裕を見せて2着に2馬身差をつけて初戦を飾った。

     青写真通りとはいえ、連闘での重賞挑戦。が、タッグを組む松岡に不安はない。「前回はステッキを一回も使っていないし、内容は文句なし。気が入っている部分はあるけど、使ってピリッとした印象。体も2キロくらいしか減っていないようだし、疲れもない」。馬場入りを再開した20日から2日連続で調教に乗って好感触をつかんでいる。

     初戦は逃げ切りだったが、ハナにこだわる必要はなさそうだと、松岡はいう。「馬が隣にいた方が安心して走れるので、むしろ番手とかの方が良さそう。センスがいいので位置を取るのも楽。時計も詰められそうな感じがあったし、十分やれると思う。楽しみ」。世代最初の重賞ウィナーへ気合十分だ。(上倉 健)

     
     
    函館2歳Sを過去5番人気以降で3着以内になった馬がその後どんなコースで走っているか?
    【函館2歳S予想|2016年|過去の穴馬が活躍しているコースとは】の続きを読む

    函館リーディングを狙う|池添謙一

     「函館2歳S・G3」(24日、函館)

     重賞タイトルと函館リーディングのW獲りだ。23日で37歳のバースデーを迎える池添謙一騎手(36)=栗東・フリー=が、素質馬ドゥモワゼルを函館2歳王者へ導く。初コンビだが、最終リハにも騎乗して好感触を得ている。自身は先週5勝の固め打ちで、今夏の函館開催は通算10勝。2位とは1勝差だが、一気に同リーディング首位に躍り出た。絶好調男がバースデーウイークに存在感を見せつける。

     目の前のチャンスは逃さない-。初コンビのドゥモワゼルで重賞Vを狙う池添が、自身初の函館リーディングにも照準を定めた。

     今週は23日、24日で12鞍に騎乗予定。11年札幌リーディング以来となる北の大地でのタイトル奪取へ、「毎年北海道に来ているし、函館でも獲れたらいい。欲は出てきます。他にも爆発力のあるジョッキーがいるし、騎手同士の争いも楽しんでもらえれば」と力を込める。

     前半戦こそ3勝に終わったが、開催が変わった後半になって勝ち星を量産。先週は9戦5勝の大活躍で通算10勝まで押し上げ、一気に首位に立った。「結果を出さないといけないレースで勝てたのが良かった。いい馬に乗せてもらっていますしね」。先週の5勝は全て前のレースか最終リハで騎乗した馬。戦前にパートナーの近況を把握することで、しっかりと結果を出した。

     24日、11R・函館2歳Sで初コンビを組むドゥモワゼルにも、20日の最終リハに騎乗し、既に特徴はつかんでいる。「体の小さい馬ですが、小さい分、キャンターでもキビキビとした走りで悪くないと思います」と乗り味を説明する。新馬戦は逃げて2着、前走は差し切って初勝利。「2回違う競馬を経験できているのはいい。少しゲートが遅いみたいなので、(うまく)出てくれたら」と好走のポイントを挙げた。

     人馬とも今後の飛躍につなげる意味で重要な一戦。「札幌は層が厚くなるし、さらに頑張らないと。秋に向けてもリズム良くいきたい」。23日に37歳の誕生日を迎える。重賞&リーディングのダブル獲りで、今夏の函館を締めくくる。



    函館リーディング争い
    hakodateri


    こうやってみると池添謙一騎手が凄いな
    岩田の2着の多さw



    管理人注目コンテンツwwww
    無料予想だけみるだけではwwww
    でも無料だけで充分過ぎますwwww
    勝馬の栞の予想が熱いです
    元有名TMが在籍していますしね。


    前走新馬戦が圧倒的。本命は新馬戦勝ち上がりから

    過去6年の優勝馬の前走は全て新馬戦(牝馬限定含む)。未勝利戦からの出走馬は20頭出走し2着3回(牝馬限定戦含む)と相性は悪く、馬券の構成はやはり新馬戦勝ち上がりの馬が中心になる。

    更に当然の事ながら新馬戦にて僅差で勝利した馬よりも大差で勝利した馬になるにつれ好走確率は上り、0.6秒以上にて勝利した馬の連対率は33.3%を超え、逆に僅差(0.0秒~0.2秒の馬は8.8%と大きな開きがある点を考えると前走での着差は案外重要なポイントになる可能性は高い。

    ■ 鬼の居ぬ間に洗濯。社台系Gの隙を突け

    過去6年開催にてオーナー別戦績2勝以上を挙げたオーナー及びクラブ馬はおらず、競馬界に中心的ポジションに君臨する社台系グラブであるサンデーレーシングは12年6番人気7着のコナブリュワーズのみ。キャロットファームも同じく12年開催4番人気8着のローガンサファイア1頭。社台RHに限っては出走該当馬ゼロと完全に空き巣状態。

    更に生産部門で検証を行ってもこの傾向はリンクしており、社台系牧場として最有力であるノーザンファーム生産馬は過去6年開催にて計6頭を出走させ優勝馬なし2着3着が1回づつと精細を欠く状況。他の社台系牧場も出走馬自体が非常に少なく、当然優勝馬も輩出なし。

    その影響もあり1勝づつを挙げているオーナーは個人馬主が目立ち、有力クラブが期待馬を出走させる前に重賞競走賞金を加算しようという目論見が見え見えであり、今年の出走予定メンバーを見てもこの傾向が引き続きとなれば今年も重要なポイントになる事は間違いないだろう。

    ■ 2016年函館2歳ステークス傾向予測

    文頭でも記載した通り僅か1戦及び2戦消化した若駒の出走という事もあり脚質等も大きく変更になる可能性が高く、読み解く事も非常に困難ではあるが唯一目安として考慮出来る検証材料「勝ち時計」はある意味有益な材料でもある。

    過去6年での函館2歳ステークス走破時計平均は71.4秒(1:11.4秒)。10年開催のみ1分11秒台の決着となり、1分9秒台は13年のクリスマスのみ。

    昨年は稍重開催だっただけに検証はしずらいが、13年及び14年開催の勝ち馬は前走新馬戦にて1分9秒台の時計を計上。更には12年開催の勝ち馬ストークアンドレイは新馬戦こそ芝1000m出走であったが57秒9と速い時計を出しており、前走好時計にて勝利した馬は相応の期待を持てるという認識でも問題はない。

    その点に重点を置くと、前走函館芝1200m出走にて1分9秒台で勝利した馬はドゥモワゼルとモンドキャンノ、フクノクオリア。函館芝1000mで57秒台はザベストエバーの4頭。

    しかしこのうちドゥモワゼルとフクノクオリアは前走未勝利上りの為抽選対象となっており、今回で4戦目、函館芝1200でも1分9秒台の持ち時計があるラッシュアウトを加え3頭中2頭が出走可能。今年は前走未勝利組でも非常にレベルが高いだけにこの抽選組にも注意が必要である。

    button3-4-u



    5
    トウショウドラフタ|中京記念2016年|注目馬
    馬券で儲けるってどんな感じ・・・・
     

     マイルに変更されてからの4年で3番人気以内の馬が1度も連対しておらず、2000m時代を含めて1番人気が勝ったのは1999年のエリモエクセルが最後という中京記念。今回も混戦必至のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■7/24(日) 中京記念(3歳上・GIII・中京芝1600m)

     ダッシングブレイズ(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は前走の京王杯スプリングCで4着。初の1400mということもあってか、直線なかなか勢いがつかなかったが、最後にいい伸びは見せた。距離延長、メンバーも前走よりは落ちる今回は勝ち負けを期待したいところだ。

     トウショウドラフタ(牡3、美浦・萱野浩二厩舎)はNHKマイルCで5着。後方追走から直線で前が詰まってしまったが、馬群を割ってよく追い上げた。ベストはその前に3連勝している1400mだろうが、1600mでもやれるところは十分に見せた。ここで古馬を破っての重賞2勝目なるか。

     その他、休み明けのパラダイスSを制したマイネルアウラート(牡5、美浦・高橋裕厩舎)、米子Sを4馬身差で圧勝したケントオー(牡4、栗東・西橋豊治厩舎)、前走惨敗もここなら差はないダノンリバティ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、昨年の覇者スマートオリオン(牡6、美浦・鹿戸雄一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     

    トウショウドラフタ


    父ーアンライバルド、母父ージェイドロバリー

     


    トウショウドラフタ・・・・

    中京では流石のパフォーマンスです。

     

     

    ハンデも手頃だし…。

    田辺騎手も絶好調wwwww

     

     

    競馬予想はまずここから、無料コンテンツが豊富過ぎます。
    高配当21が熱いwwww
    無料予想が注目…地方競馬も熱いwwww
     

    地方競馬「浦和競馬」情報只今公開中です。
    本日のイチオシ情報は浦和11Rに行われる【文月特別】です。
    注目馬は「コスモフットライト」 外枠発走となった
    前走は、問答無用の逃げで押し切る強い競馬。
    前走はマイル戦でしたが、今回の舞台でもある1400mも守備範囲だけに、
    前走の再現は十分可能。相手が上がってもホーム浦和コースなら勝ちま必至です!!
    button3-4-u




    5
    ロイヤルメジャー|函館2歳S予想2016年|注目馬が熱い

     今夏の函館開催フィナーレを飾る函館2歳S(G3、芝1200メートル=24日)で、ダイワメジャー産駒のロイヤルメジャー(牝、山内)が、世代最初のタイトルを奪いにいく。担当の榊原洋一厩務員(52)は03年フィーユドゥレーヴ、12年ストークアンドレイで同レースを制した経験を持つ。「2歳の山内」といわれた同厩舎を陰で支え続ける職人が「勝負飯」で挑む。

     「勝利の方程式」はすでに頭に描かれている。ロイヤルメジャーを担当する榊原厩務員が、自身3度目へ、自信を持って愛馬を送り込む。かつて「2歳の山内」といわれた同厩舎は、このレースを過去3度制しているが、そのうち03年フィーユドゥレーヴ、12年ストークアンドレイの2頭を担当していたのが同厩務員。勝ち方を知っているベテランが2頭を引き合いに出し、勝負気配を口にする。「ストークのパワーにフィーユドゥのスピードを兼ねそろえている。自信は90点…、95点はある」と気持ちを高めた。

     初戦は楽にハナを奪うと危なげなく押し切った。前走後、放牧に出さず函館競馬場で調整。日を追うごとに毛づやがピカピカになり好仕上がりをみせるが、ここに秘策が隠されている。この道37年。経験がものをいう世界で独自の理論をもとにカイバに“スパイス”を配合した「スペシャルメニュー」を与え、愛馬の成長を促してきた。

     「人間に良いものは馬にも良い」と話し、大根、キャベツを食べやすいようにわざわざすりおろしてカイバに混ぜる。さらにバナナも5、6本をちぎって入れる。12年に勝利した当時から手間暇かけて与えているいわば「勝負飯」。食物繊維を取ることで腸が活性化し、新陳代謝を良くする狙いがある。「この食事に変えてから毛づやが良くなった。何がいいか分からないが、皆と同じことをやっていては駄目。やれることやっていく」とファイティングポーズは決して崩さない。

     函館をこよなく愛している。母喜久子さん(84)が函館出身で幼少の頃から何度も訪れた。厩務員になっても二十数年通い続ける特別な場所。勝ちたい理由がここにもある。「思い入れある函館で勝ったら(母も)喜んでくれるだろう。二度あることは三度あるよ」。勝負師が歩く競馬道は、その先につながっている。【松末守司】

     ◆榊原洋一(さかきばら・よういち)1963年(昭38)8月24日、京都府生まれ。父が厩務員をしていたこともあり、79年に橋本正晴厩舎で厩務員に。89年の開業から山内厩舎ひと筋。04年には重賞4勝馬パーソナルラッシュで米国のBCクラシックにも挑戦(6着)した。

     ◆函館での山内厩舎の2歳新馬戦 函館開催が北海道シリーズの前半戦に移行した97年以降、新馬戦の成績は【23 9 8 12】。勝率44・2%、連対率61・5%、複勝率76・9%。芝に限っても【15 8 8 9】で勝率37・5%、連対率57・5%、複勝率77・5%といずれも高い数字を示す。函館2歳S(旧函館3歳Sを含む)は、03、12年の他、94年にダンツダンサーで制している。2着も97年(サラトガビューティ)、04年(ディープサマー)の2度ある。

     

     

    ロイヤルメジャー

    父ーダイワメジャー、母父ーRed Ransom

     

    新馬戦

     

     

    1着 ロイヤルメジャー 加藤祥太
    2着 アンジュデジール 四位洋文
    3着 スマートアムール 岩田康誠





    函館2歳Sではやっぱり牝馬に注目。

    新馬戦は本当に強かったwwww









    2歳戦難しいですけど…
    ここの無料予想で試そうと思いますw
    競馬予想X
    まずはここの無料コンテンツがまずはじめ

     競馬予想Xより会員の皆様にご案内です!

    当競馬予想Xでは高額配当をGET可能な三連単を、三連単提供馬券カテゴリー【X馬券】にて毎週ご提供させて頂いております!

    今週は、中京記念と函館2歳ステークスの三連単の予想買い目をご提供!

    過去の配当はこちら。
    ━━━━━━━━━━━
    ◎中京記念
    2006年:29,170円
    2007年:232,530円
    2008年:766,770円
    2009年:252,610円
    2010年:2,555,050円
    2011年:350,430円
    2012年:238,040円
    2013年:366,580円
    2014年:428,240円
    2015年:256,590円

    平均:547,601円
    ━━━━━━━━━━━
    ◎函館2歳ステークス
    2006年:398,030円
    2007年:429,830円
    2008年:25,780円
    2009年:11,960円
    2010年:4,390円
    2011年:30,250円
    2012年:50,610円
    2013年:130,150円
    2014年:228,870円
    2015年:34,290円

    平均:134,416円
    ━━━━━━━━━━━


    まずは上記、過去10年の三連単の配当の結果をご覧ください。

    今週の中京記念と函館2歳ステークスのここ10年の合計平均配当額が約68万円を超えとなります。

    過去の結果に目を向けてみると、中京記念はハンデ戦だけに毎年のようにに荒れているレース!!

    これは今年も十分に高額配当が狙えるのではないでしょうか?!

    今週も2鞍共に三連単的中をご期待頂ければと存じます!!

    昨日より【X馬券】へのエントリー受付を開始させて頂いております。

    X馬券は三連単の予想買い目をご提供させて頂く馬券カテゴリー!!

    三連複の馬券カテゴリーでは味わえない、超高額配当をお求めの方は、【X馬券】へのエントリーを宜しくお願い致します!

    ╋╋‥‥‥‥‥‥╋╋
    ┃★X馬券の詳細★┃
    ╋╋‥‥‥‥‥‥╋╋
    ◎ 対象レース:
    【中京記念】
    【函館2歳S】
    ◎馬券式別:三連単
    ◎必要PT:500P
    ◎参加枠:100名様
    ╋╋‥‥‥‥‥‥╋╋
    button3-4-u

     

    このページのトップヘ