競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    2016年05月

    2016年日本ダービー回顧|サトノダイヤモンドについて調べてみました

     第83回日本ダービー(東京優駿)(29日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)世代最強の座にはわずか8センチ届かなかった。ダービーへ向けて渾身(こんしん)の仕上げを施されたサトノダイヤモンドはマカヒキと馬体を並べた叩き合いの末、2着に惜敗。レース中に左後肢を落鉄する不運もあった。

     引き揚げてきたルメール騎手は悔しそうな表情だったが、「完璧に乗れたし、いいレースができてうれしかった。でも、ほんのギリギリでダメだった。きょうはハナだけ負けたけど、この馬もマカヒキと同じくらい強い」と言い、パートナーの健闘をたたえた。

     池江調教師も「あれ以上のレースはできない。たぶん向こう正面でだと思うが、左トモを落鉄していたのは残念だった。(後肢は)推進力を生む部分だからね。でもこれも競馬だと思う」と振り返る。秋については「菊花賞、天皇賞・秋、凱旋門賞とあらゆる選択肢がある」と明かした。

     
    【ダービー】里見オーナー悲願届かず

     「ダービー・G1」(29日、東京)

     昨年の2、3着(サトノラーゼン、サトノクラウン)に続き、里見治オーナーの悲願は届かなかった。サトノダイヤモンドは落鉄に泣き2着に敗れた。

     道中は7番手を追走。「完璧だった。とてもリラックスしていて、いい感じで行けた」とルメール。最後はマカヒキと激しい競り合いを演じたが「ゴールの瞬間、負けたのが分かった。2頭ともポテンシャルが高い。でも、きょうは鼻差だけ負けた。悔しい」と深いため息をついた。

     池江師は「非の打ち所がない完璧なレースでした」と人馬の頑張りをたたえたが「左後肢の落鉄が痛かった。向正面かな。前ならまだ違ったが…これも競馬」とガックリ。今後については「菊花賞、凱旋門賞、天皇賞と選択肢はある。オーナーとゆっくり相談したい」と話すにとどめた。

    【ダービー】わずか8cm差の明暗を分けたのがダービーには運も必要

     「ダービー・G1」(29日、東京)

     わずか約8センチ差の激闘だった。3番人気のマカヒキが、直線の激しいたたき合いを制して第83代のダービー馬に。現役最年少ダービージョッキーとなった川田将雅騎手(30)=栗東・フリー=は、史上8人目のクラシック完全制覇も達成した。サトノダイヤモンドは不運の落鉄に泣き2着。1番人気の皐月賞馬ディーマジェスティは3着に敗れ、蛯名の悲願達成は、またしてもお預けとなった。

     前半1000メートルの通過が60秒0。全馬がどの位置からでも力を出し切れる有利、不利のない平均的な流れになった。まさに力と力の勝負。結果として1~3着馬は皐月賞2、3、1着馬。加えるなら4、5着まで一緒だった。時計も内容も超ハイレベルだった皐月賞上位馬が、そのまま掲示板を独占した形だ。

     着順が入れ替わった上位3頭の差は何か。勝ったマカヒキは、デビューから4戦全てで上がり3Fの最速時計を記録。今回もメンバー2位タイの33秒3をマークした。直線の長い東京での決め手勝負には分があり、折り合いの心配がないことから距離延長も平然とこなしてみせた。

     だが、2着サトノダイヤモンドは落鉄の不運があり鼻差。3着ディーマジェスティも直線で寄られ、立て直す不利があった。やはりダービー馬になるには“運”も必要というを痛感させられた。

     いずれにしても上位5頭は相当なハイレベル。この先数年は、各路線でこの世代の馬たちが引っ張っていくことになるだろう。

    <ダービー>◇29日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳◇出走18頭

     引き揚げてきたサトノダイヤモンド(牡、池江)の左後肢には、蹄鉄(ていてつ)がなかった。

     池江師は「痛い、痛いなあ」とこぼした。道中で落鉄をしていたのだ。「向正面かな。トモは推進力にかかわるから…」。勝ち馬との差、約8センチ。悔やみきれない敗戦。「でもしょうがない。これが競馬。頑張った!」と愛馬をやさしくなでた。ルメール騎手は若駒Sと弥生賞で騎乗した相棒に悲願を阻まれた。「ゴールで負けたと分かったので、川田さんにおめでとうと言った。惜しかった。マカヒキとダイヤモンドは同じくらいのポテンシャル。めっちゃ高い。今日は鼻差負けたけど、まだ良くなる」と悔しさをかみ殺した。



    日本ダービーを当てた人も外した人も
    ここをチェックする価値がありそうな気がしますwwww
    競馬ファンなら絶対にwwwwwwwwwww
    uinaze




    【2016年日本ダービー回顧|サトノダイヤモンドについて調べてみました】の続きを読む

    ディーマジェスティ|2016年日本ダービー予想|1枠1番が絶対な理由
     

     デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が、6月末までの春のG1全10戦を予想しながら、競馬の魅力をお伝えします。シリーズ第8弾は、3歳馬の頂点を決める日本ダービー(東京2400メートル、29日午後3時40分発走)。毎日新聞の競馬担当、松沢一憲記者の解説を交えて、NHKマイルカップで万馬券を当てた“ウマ女”記者が大胆予想します。

     ◇未来のスター馬は?

     いよいよ「競馬の祭典」、日本ダービーがやってくる。1932年に創設された「東京優駿大競走」を前身とする歴史あるレースで、3歳クラシック3冠の中でも特に注目度が高い。これまで、ディープインパクト(2005年)、ウオッカ(07年)、オルフェーヴル(11年)といった名馬が勝利をおさめている。昨年は、ドゥラメンテが2分23秒2のレコードを樹立した。今年、記録を塗り替える馬が誕生するだろうか。

     先日、競馬初心者から「なぜダービーはこれほどまでに注目されているのか」と聞かれた。それは、未来のスターが生まれるレースだから。甲子園で、将来性豊かな選手を探すのに似ている。真希バオーは14年のダービーで、2着のイスラボニータ(牡5歳、14年皐月賞馬)に一目ぼれ。パドックで大きなあくびをしてみせるチャーミングな性格にひかれ、以来、全力で応援し続けている。ダービーは、「恋人」を探す場所でもある。

     ◇余力たっぷり、スマートオーディン

     今年は、皐月賞(中山2000メートル)で「3強」と呼ばれたリオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンドが注目を集める。ただ、松沢記者の本命は違うようだ。

     「スマートオーディンが本命。6戦4勝で、そのうち重賞が3勝。毎日杯(阪神1800メートル)と京都新聞杯(京都2200メートル)では、直線で余裕の走りで勝利した。毎日杯、京都新聞杯を勝って13年のダービーを制したキズナと同じローテーションに好感が持てる」という。

     ダービーは過去10年で連対した(1、2着した)20頭のうち、12頭が皐月賞組。残り8頭はNHKマイルカップ(東京1600メートル)、青葉賞(東京2400メートル)、京都新聞杯から出ている。「スマートオーディンは皐月賞から出走した馬と比べると地味な印象だが、京都新聞杯優勝馬は軽視できない。13年にキズナが勝ち、15年にサトノラーゼンが2着に入っている」という実績から、このメンバーでも好勝負になる。

     スマートオーディンを破るとすれば、エアスピネル。「朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600メートル)、弥生賞(中山2000メートル)、皐月賞(同)とクラシックの王道を戦ってきた馬。2、3、4着と勝ち運に恵まれていないが、強い馬とぶつかってきた経験は大きい」という。

     史上最多の5勝をダービーで挙げている武豊騎手が騎乗するのも買い材料だ。武騎手は24日、仏G1イスパーン賞をエイシンヒカリとのコンビで勝ったばかり。「今が絶好調。ダービーは最高の気分で乗れるだろう」。

     ◇3番手以下は混戦

     皐月賞で「3強」といわれたリオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンドはどうか。

     「リオンディーズは展開を読み違えて暴走した。サトノダイヤモンドは直線で進路を妨害された。マカヒキは、後方から差し切ろうとしたが、届かなかった」とそれぞれ不利があったが、力を出し切れば、ダービーで巻き返しが可能だ。しかし、レースはレコード決着。激走後の消耗が心配だ。

     勝ったディーマジェスティにも、反動があってもおかしくない。「3強とは違ってすべてがうまくいったが、競馬の格言に、『レコード勝ちの後は買うな』とある」という理由で評価を下げた。

     ◇真希バオーの大胆予想

     3連複5頭ボックス(10点1000円)

    ◎(1)ディーマジェスティ

     (3)マカヒキ

     (5)エアスピネル

     (10)スマートオーディン

     (12)リオンディーズ

     14年のイスラボニータは、蛯名正義騎手とコンビを組んで、共同通信杯、皐月賞を勝ってダービーに参戦した。しかし、結果は2着。蛯名騎手は、さぞ悔しかっただろう。今年のディーマジェスティも、イスラボニータと同じローテーションで臨む。2年前に果たせなかったダービー制覇の夢を実現してほしい。さらに蛯名騎手には、イスラボニータとのコンビで6月5日の安田記念(東京1600メートル)を勝ってほしい。

     スマートオーディンは、キズナが13年ダービーを制した時と同じローテーションというのが真希バオーにとっても大きな魅力。毎日新聞社提供の毎日杯を勝っているのも縁起がいい。

    …………………………

     ◇ビッシュが3着で3連複的中ならず 収支プラス5950円

     22日のオークスは、1番人気のシンハライトが1着、2番人気で本命のチェッキーノが2着だった。この2頭はボックスに入れていたが、3着のビッシュは買っていなかったため的中ならず。レース直後、落ち込む真希バオーのもとに上司から「ビッシュ買ってないじゃん。いつも3頭のうち1頭外すね」とメールが届く。うなだれて、「傷口にハバネロを塗らないでください」と返事した。ダービーでは負けないぞ。

    高松宮記念 +1760円(利益は+760円)

    桜花賞 -1000円

    皐月賞 -1000円

    天皇賞・春 -1000円

    NHKマイルC +1万1190円(利益は+1万190円)

    ヴィクトリアマイル -1000円

    オークス -1000円

    計7戦収支 プラス5950円

    【中嶋真希】

     

     

    まあ有名だけど…これだけも文句ないかな

    ダービーの1枠1番

    日付馬名性別年齢騎手人気着順
    15年サトノラーゼン3岩田康誠52
    14年サウンズオブアース3浜中俊1111
    13年キズナ3武豊11
    12年スピルバーグ3横山典弘914
    11年ウインバリアシオン3安藤勝己102
    10年エイシンフラッシュ3内田博幸71
    09年ロジユニヴァース3横山典弘21
    08年ディープスカイ3四位洋文11
    07年タスカータソルテ3武豊711
    06年スーパーホーネット3川田将雅1815

     

    文句ない…

    内田もノリもこれが初めてのダービー制覇

     

     

     

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    ギャロップジャパン
     http://gallopjapan.jp/
    ギャロップジャパンの無料情報だけで万馬券ゲット。

    高配当21
    http://ko-21.jp/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    ベストレコード 
    http://b-record.com
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬予想会社本気

    目黒記念予想|過去5年間の穴馬が活躍しているコースとは

     日本ダービー(GI)の日の最終レース、目黒記念(GII・芝2500m)に出走する注目馬について、関係者に話を聞いた。

    マリアライト(牝5・美浦・久保田貴士)について、久保田調教師。
    「56キロのハンデですが、これくらいは仕方ないですね。東京の2500mという条件はこの馬には合っていると思います。馬体重は440キロ前後で出走できると思います。強い相手と戦ってきていますが、良い意味で安定してきてますね。今のところ、目黒記念の後は宝塚記念を予定しています」

    モンドインテロ(牡4・美浦・手塚貴久)について、ボウマン騎手。
    「追い切りで初めて乗りましたが、反応が良かったですし、リラックスしていました。馬体も良く、性格は負けず嫌いですね。ただ押していかないといけないと聞いていますので、そのあたりに気をつけて、好位置を取ってうまく乗りたいです。2500mは良さそうですね。これまでのレースビデオで研究したいと思います」

    クリールカイザー(牡7・美浦・相沢郁)について、相沢調教師。
    「前走(メトロポリタンS・OP・5着)はもう少し速いペースで逃げても良かったとも思いますが、長期休養明けでしたし、よく頑張りました。レース後も特に問題ないですし、1度使った上積みもあります。今回は良いメンバーが揃いましたが、良い頃の状態に戻ってきています。展開次第ではやれると思います」

    スーパームーン(牡7・美浦・藤沢和雄)について、津曲調教助手。
    「前走のAJCC(GII・2着)後はひと息入りましたが、東京の2500mはアルゼンチン共和国杯(GII)で3着、5着と良い競馬をしていますし、この馬には条件が合う舞台ですね。前走は、4コーナーで内外を回った分の差が、勝ち馬とはありました。それでも重賞で足りる力を見せてくれましたし、56キロのハンデなら好勝負を期待したいです」

    ジャングルクルーズ(セン7・美浦・藤沢和雄)について、津曲調教助手。
    「前走(メトロポリタンS・6着)はレース間隔があいていましたし、少頭数のスローで上がりだけの競馬になってしまって、うまく力を発揮できませんでしたね。今回の追い切りはジョッキーが乗って良い動きでした。1回使った分フットワークもしっかりしてきましたし、余裕のあった体も引き締まってきました。この馬には良い舞台なので、巻き返しを期待します」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
    目黒記念過去10年の5番人気以降で複勝圏内になった馬
    日付馬名性別年齢騎手人気着順
    15年ヒットザターゲット7小牧太111
    14年マイネルメダリスト6蛯名正義81
    14年ラブイズブーシェ5古川吉洋122
    12年トウカイパラダイス5柴山雄一72
    12年コスモロビン4柴田大知63
    11年キングトップガン8横山典弘71
    11年ヤングアットハート4後藤浩輝63
    10年コパノジングー5池添謙一51
    10年イケドラゴン5丸山元気92
    10年フェニコーン6浜中俊73
    09年ミヤビランベリ6北村友一81
    09年ハギノジョイフル5三浦皇成173
    07年アドマイヤフジ5福永祐一63
    06年ダディーズドリーム7岩田康誠123

     

    ↑↑

    これの馬が活躍しているコースとは

     

    コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
    東京・芝18003- 0- 5- 4/1225.00%66.70%1771352
    小倉・芝20003- 2- 1- 4/1030.00%60.00%356166
    京都・芝20003- 1- 5- 8/1717.60%52.90%63162
    阪神・芝20003- 3- 5-14/2512.00%44.00%4378
    函館・芝20006- 0- 1- 9/1637.50%43.80%16180
    中京・芝20004- 1- 2- 9/1625.00%43.80%243139
    中山・芝25007- 2- 4-17/3023.30%43.30%16489
    京都・芝2200外2- 2- 1- 8/1315.40%38.50%6473
    中山・芝20003- 4- 4-18/2910.30%37.90%56108
    福島・芝20003- 0- 2- 9/1421.40%35.70%219118
    京都・芝2400外7- 3- 2-22/3420.60%35.30%655188
    中山・芝22002- 2- 1-11/1612.50%31.30%7177
    京都・芝1800外1- 0- 2- 7/1010.00%30.00%4959
    阪神・芝2400外0- 3- 2-13/180.00%27.80%0436
    東京・芝20002- 2- 3-21/287.10%25.00%48104
    東京・芝24002- 1- 3-22/287.10%21.40%201106
    阪神・芝22001- 0- 1-10/128.30%16.70%1625
    札幌・芝20000- 2- 0-12/140.00%14.30%067
    東京・芝25001- 0- 1-22/244.20%8.30%10454
    新潟・芝2000外1- 0- 0-14/156.70%6.70%6723
    東京・芝34000- 0- 0-12/120.00%0.00%00

    ・東京競馬場芝1800m
    ・小倉競馬場芝2000m


    ・マリアライト
    ・スーパームーン



    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    ギャロップジャパン
     http://gallopjapan.jp/
    ギャロップジャパンの無料情報だけで万馬券ゲット。

    高配当21
    http://ko-21.jp/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    ベストレコード 
    http://b-record.com
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬予想会社本気

    日本ダービー(東京優駿)予想|2016年|過去10年の穴馬から気づく傾向
    特集:「最強世代」の日本ダービー(1)

    蛯名正義騎手インタビュー(前編)

    いよいよ注目の日本ダービー(東京・芝2400m)が5月29日に開催される。多数の有力馬が顔をそろえて熾烈な争いが予想されるが、なかでも有力視されているのは、牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティ。主戦の蛯名正義騎手を直撃し、まずは同馬の強さについてうかがった――。

    ■蛯名正義騎手インタビュー 後編>>>

    ―― 最初に皐月賞勝利、おめでとうございます。レース前は、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズの「3強」の争いと言われていましたが、終わってみれば、蛯名騎手騎乗のディーマジェスティが2着マカヒキに1馬身4分の1差をつけての完勝です。「3強」を含めて、すべての馬をまとめてねじ伏せてしまう、本当に強い勝ち方でした。

    「うまくいったね。レースの流れもこの馬に向いたし、展開もズバッとはまったし、いろいろなことがうまく噛み合った。その結果、勝つことができたと思うけど、それでも僕が思っている以上に、この馬は走るかもしれない」

    ―― レース前は、どんな競馬をしようと考えていたんですか。

    「ゲートを出てから、どうするか考えようと思っていた。前に行こうとか、いいところにつけてうまく立ち回ってやろうとか、そういうことは一切考えていなかった。というのも、共同通信杯(2月14日/東京・芝1800)を勝って、この馬は『東京は走る』って確信していたからね、大目標はダービーだった。だから、皐月賞は『これでダービーがちょっと楽しみになったんじゃないの』っていう、『そういう競馬ができたらいいな』くらいのスタンスでいた。未勝利のときに負かしたマウントロブソンがそこそこの人気(6番人気)になって(結果も6着)、この馬もそれぐらいは走れると思っていたけど……まさか勝つとはね」

    ――「3強」の存在は意識していましたか。

    「みんなが『あの3頭は強い』って言うし、実際にレースを見ても強いと思っていた。ただ、それまで(ディーマジェスティとは)一緒に走ったことがなかったからね。意識しなかったわけじゃないけど、その『3強』相手に自分の馬がどういう競馬をしてくれるのかっていう思いのほうが強かった。『3強』にまるで歯が立たなくて、『あぁ~、ダービー、つまんねぇな』なんてことだけにはなりたくないって、そんなことを思っていましたかね(笑)」

    ―― どの辺りで勝利を確信しましたか。

    「最後の坂を上がってくるところで、他の馬とは脚色が全然違った。それで、『あッ、これなら(前の馬を)つかまえられるわ。勝っちゃうよ、これ』って思いましたね」

    ―― まさしく“無欲の勝利”という感じですね。

    「変な色気をもって、中途半端なことをしたら、ろくな結果にはならないっていうことは、これまでの経験からよくわかっていることだからね。だから、とにかく目標はダービーだ、と。今回(皐月賞)は、ひたすらダービーを見据えたレースをする、と。そう思って乗っていたら、予想以上に前が速くなって、展開がズバッとはまった。『勝ちたい、勝ちたい』と、どれだけ思っても勝てないときは勝てないのに、そんなに(勝ちたいと)強く思っていなくても、勝てるときは勝てる。不思議だね、競馬は」

     
    日本ダービー過去5年の複勝圏内馬
     
    日付馬名性別年齢騎手人気着順
    15年サトノラーゼン3岩田康誠52
    14年マイネルフロスト3松岡正海123
    13年アポロソニック3勝浦正樹83
    12年フェノーメノ3蛯名正義52
    12年トーセンホマレボシ3ウィリア73
    11年ウインバリアシオン3安藤勝己102
    11年ベルシャザール3後藤浩輝83
    10年エイシンフラッシュ3内田博幸71
    10年ローズキングダム3後藤浩輝52
    09年リーチザクラウン3武豊52
    09年アントニオバローズ3角田晃一83
    08年スマイルジャック3小牧太122
    08年ブラックシェル3武豊63
    07年アサクサキングス3福永祐一142
    06年ドリームパスポート3四位洋文73

     

    ↑↑

    これらの馬が活躍しているコース

     

    コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
    京都・芝1800外6- 5- 2- 3/1637.50%81.30%126131
    東京・芝18004- 0- 1- 7/1233.30%41.70%22598
    東京・芝20003- 3- 1- 9/1618.80%43.80%17099
    阪神・芝20003- 2- 3- 6/1421.40%57.10%67100
    東京・芝24003- 2- 0-14/1915.80%26.30%133104
    中山・芝20002- 4- 1-11/1811.10%38.90%57127
    中山・芝25002- 4- 0-12/1811.10%33.30%2277
    東京・芝16002- 2- 3-13/2010.00%35.00%79109
    京都・芝3200外2- 2- 2- 5/1118.20%54.50%160147
    阪神・芝2400外1- 5- 2- 3/119.10%72.70%27117
    京都・芝3000外1- 3- 0- 6/1010.00%40.00%8468
    阪神・芝22000- 0- 1-10/110.00%9.10%014

     

     



    ・京都芝1800mで最高のパフォーマンス
    ・サトノダイヤモンド



    競馬ファンならダービー予想が迷うのが当たり前
    だったらここの予想を参考にしなさいって話
    高配当21の予想が熱いwwww

    kouhai21da




    【日本ダービー(東京優駿)予想|2016年|過去10年の穴馬から気づく傾向】の続きを読む

    5
    オークス予想|2016年|チェッキーノの不安点を集めました
     

     オークスの追い切りが19日、美浦トレセンで行われた。サンケイスポーツ賞フローラSの勝ち馬チェッキーノは、新コンビとなる戸崎騎手を背に軽快なフットワークを披露。スムーズな折り合いに鞍上も手応えを得た。(13)番に決まった枠順にも陣営は好感触だった。馬券は21日から発売される。

     飛び抜けた時計も派手な動きも必要ない。サンスポ賞フローラS勝ちのチェッキーノが、落ち着き払った走りの中に闘志をためこんだ。

     開門直後の午前6時、美浦Wコースに現れると、3頭縦列でアヴニールマルシェ(オープン)、レッドソレイユ(500万下)を追走。5馬身ほどあった差を詰めつつ、2頭を2馬身前に見ながら5ハロン69秒3、3ハロン39秒4-12秒8でフィニッシュした。

     初コンビを組む戸崎騎手は、手応え十分の口ぶりだ。

     「気性は敏感なところがあるのかなと思っていたけど、すごくおっとりしていた。折り合いの心配はなくなったし、リラックスして走らせてあげれば、前走のような脚を使ってくれると思う」

     未勝利→アネモネSに続き、前走のフローラSは2着に3馬身差をつける快勝。大外(18)番枠でもしっかり脚をため、豪快な末脚を放った。

     「前走は初めての2000メートルだったけど、想像以上に走ってくれた」

     藤沢和調教師が笑顔で振り返った。厩舎に初GI(1993年マイルCS)をもたらした伯母シンコウラブリイや皐月賞3着の全兄コディーノなど、この一族を多く手がけてきただけに、特性も熟知。良質なスピードを持つ一方で、気性面の危うさを秘めるため、リラックスさせる調教を施してきた。「数を使っているとカッとなりやすい血統だけど、そういう面が出ない」(藤沢和師)ため、能力をフルに発揮できている。

     枠順は〔7〕枠(13)番。「内々でゴチャつくよりはいい。1コーナーへの入りもスムーズになりそう」(津曲助手)で、じっくりと末脚を温存できそうだ。

     「競馬を使っている割に体も増えている。気が乗りすぎず来られているのはいい。穏やかな性格だし、400メートル延びても何とかいけると思う」。期待を込めた藤沢和師に、12年ぶりのクラシック制覇を届ける。 (千葉智春)

     

     木曜追いだったチェッキーノは、軽い運動で体をほぐすにとどまった。津曲助手は「追い切った後も変わらずに落ち着いている。当日のテンションが上がったりすることもないだろうし、3歳牝馬としては扱いやすい」と気性面を称賛。18頭立てになって最多の3勝を挙げる13番枠については「無難なところでいいんじゃないですか。変にごちゃつくこともないと思うし」と淡々と話していた。

     

     

     「オークス・G1」(22日、東京)

     19日に最終追いを終えたチェッキーノは20日、美浦北Cでキャンター調整。「きょうは体をほぐしました。ええ、変わらずいい感じですよ。落ち着きがある」と津曲助手は目を細める。

     厩舎ゆかりの血統馬だが、母や兄姉は前向きな気性が距離延長のネックとなっていた。「この馬は扱いやすい。3歳牝馬ですけどね」とタイプの違いを強調しつつ、2400メートルへの対応に自信をのぞかせた。

     

     

    不安点は

    1) 競馬エイトのヒロシが本命(失礼)

    2) オークスで騎手変更

    3) 兄はコディーノ

     

    【オークス予想|2016年|チェッキーノの不安点を集めました】の続きを読む

    このページのトップヘ