競馬情報まとめブログ

競馬、中央競馬・地方競馬に関するまとめサイトです。競馬ニュースから競馬予想までしっかりまとめているので競馬ファンはチェック必至です。

    2015年10月

    5
    菊花賞2015年|レース結果ニュース
     

    「これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな」

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    競馬予想コンシェルジュ
    http://keibaconcier.com
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン


    サブちゃん歌った・・・愛馬キタサンブラックV

    <菊花賞>◇25日=京都◇G1◇芝3000メートル◇3歳◇出走18頭

     サブちゃんが泣いた、笑った、歌った!! 25日、京都競馬場で行われた牡馬クラシック3冠の最終戦、第76回菊花賞で、5番人気キタサンブラック(清水久)が制し、G1初制覇。オーナーで歌手の北島三郎(79=登録上の名義は大野商事)も12度目のG1挑戦での初V。表彰式後、公約していた大ヒット曲「まつり」の一節をターフで熱唱。京都競馬場に集まった5万2689人を沸かせた。

     待ちに待った熱唱は、サブちゃんのひと言から始まった。「私、公約したんですね」。観客から「まつり!!」の声がかかる。5万2689人の手拍子に乗って、アカペラでまつりが始まる。「まつりだ、まつりだ、まつりだ、キタサンま~つり(中略)これが競馬のまつりだよ♪」。名曲「まつり」のサビの部分を菊花賞版で大サービス。スタンドからは拍手と歓声でたたえられた。

     レースは馬主席から双眼鏡で見ていた。キタサンブラックはペースの上がった2周目4コーナー過ぎに中団から進出。「私、奇声を上げていました。隣、近所の迷惑をまったく考えずに」。最後の直線では内から末脚を伸ばし、2番人気リアルスティールを首差しのいだ。万歳と絶叫。自然と涙がこぼれ落ちた。

     大役を終えたサブちゃんは満足だった。「こういう大事なところで歌うのは失礼かなと思ったのだけれど、うれしかったし、お客さんも喜んでくれたかな、と。表彰式で歌ったのは、多分私が初めてでしょう」と笑いながら言った。前走のセントライト記念を勝ったとき「菊花賞を勝ったら、歌います」と公約。北島音楽事務所を通して、先週JRAにお願いしていた。

     距離不安もささやかれたが、馬に自信があった。見た瞬間にほれ込んで買った馬だ。「目と顔を見て、この馬を買いました。写真を撮るときに暴れずポーズを取る。スターの素質がある」。3歳のクラシックに出走する権利は、前年の10月24日までに登録をしなくてはいけない。登録に間に合わなかったキタサンブラックは今年皐月賞、ダービーに続き、追加登録料200万円を払って出走する権利を得た。

     個人名での所有を含めると馬主歴は52年。どれだけ馬を愛していたか、誰もが知っていた。「言葉では表せないくらいの感動。こういう立派な賞をいただき、生まれて初めてこんなに感動しました」。感無量だった。「転んでも前に進むしかないのは、芸能界も競馬も同じ」と言う。愛馬の次走は未定。さらなる大舞台の期待も膨らむ。「(勝ったら)また歌わなくてはいけないかなぁ、と」。ユーモアたっぷりの表現で締めくくった。【三上広隆】

     ◆北島三郎(きたじま・さぶろう)本名・大野穣(みのる)。1936年(昭11)10月4日、北海道知内町生まれ。62年に「ブンガチャ節」でデビュー、同年に「なみだ船」で日本レコード大賞新人賞。86年に「北の漁場」で同賞最優秀歌唱賞を、91年には紺綬褒章を、それぞれ受賞。NHK紅白歌合戦は13年まで50回出場した。161センチ、56キロ。血液型O。

     ◆主な有名人馬主のG1勝ち 女優の故高峰三枝子さん所有のスウヰイスーが52年桜花賞、優駿牝馬を制覇、初の中央競馬牝馬クラシック2冠馬となっている。近年では07年ヴィクトリアMを歌手前川清(名義は有限会社前川企画)所有のコイウタがいる。

     

    サブちゃん菊花賞歌った動画

     

    グリーンチャンネルとは違って盛り上がりが伝わる。

     

    2着は安定の福永

      第76回菊花賞(25日、京都11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・外3000メートル、1着本賞金1億1200万円 =出走18頭)直線猛追もクビ差、及ばず。2番人気のリアルスティールは2着。皐月賞2着、ダービー4着に次ぎ、3冠のタイトルには届かなかった。

     好スタートから、道中は7番手前後をキープ。少し行きたがる面を見せながらも何とか辛抱して追走しただけに、2周目3コーナー手前で他馬とぶつかり、リズムを崩したのが痛かった。

     「返し馬の感触がよくて、具合もよかったので自信を持って乗った。ただ、接触したのがね…。よく我慢して走ってくれたし、頑張ってくれたんだけど」と福永騎手は悔しそう。次走はジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)か香港C(12月13日、シャティン、GI、芝2000メートル)の予定だ。

     

    リアファル3着

    【菊花賞2015年|レース結果ニュース】の続きを読む

    菊花賞予想|調教ニュースまとめ



    リアルスティール

    『菊花賞』リアルスティール、矢作師【折り合いは心配していない】

    ◆菊花賞追い切り(21日・栗東)

     牡馬クラシックの最終戦、菊花賞(25日、京都)でG1初制覇を狙うリアルスティールが21日、栗東の坂路で追い切りを行い、併せ馬で5馬身先着した。福永祐一騎手(38)=栗東・フリー=が付きっきりで調教をつける皐月賞2着馬の仕上がりを、橋本樹理記者が分析した。

     開門20分後。リアルスティールがようやく栗東の坂路を上がってきた。注目したのは、もちろん折り合い。しかし、目に入ってきたのは、手綱を短く持ってなだめる福永の姿だった。アルスマルカート(7歳1000万)の後ろで懸命に抑え、ラスト1ハロン手前で手綱を解放すると、内からあっさり抜き去って5馬身置き去りにした。

     「タイム(53秒6―12秒6)、動きともにすごくよかった」という福永の言葉には同感だが、やはり折り合いが気にかかる。前走の神戸新聞杯後に初めてコンタクトを取った8日以降、追い切り日以外にも騎乗。ハミの取り方をチェックしてきた。その成果はどうか。「坂路だと行く気になって、コースで乗るよりハミを取って行くからね。その割にリラックスしている方。でも、完璧とまではいってないかな」

     リアルスティールの反応の良さや機動力は、いわゆるステイヤーのものとは違う。スタミナ決戦を乗り切るため、いかに体力を消耗せずに折り合うか。自分からハミを取りすぎないよう、中3週で“モデルチェンジ”を試みたが、完全にはシフトできなかったという。

     そんな福永が最終的に出した答えは、パートナーの力を信じること。「血統的に見ても3000メートルがベストでないのは明らか。その中でここを選んだのは、勝ちに行くということ。勝利のみを目指していくレースをする。そこのポジションにいたら勝てない、という競馬はしない。馬を信じて行くわ」。父のディープインパクトなど適正距離を乗り越え、王冠を勝ち取った例は過去にもある。迷いのなくなった口調に強い意気込みがうかがえた。(橋本 樹理)

     
    【菊花賞予想|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    秋華賞予想|タッチングスピーチまとめ
    [広告]枠

     
     
     
    【秋華賞予想|タッチングスピーチまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ