東海S予想|2017年|過去10年の複勝圏内馬の活躍コースとは

 昨年の覇者で、10番人気のチャンピオンズCも3着と好走したアスカノロマン(牡6歳、川村禎彦厩舎)は、中京1800メートルで3戦2勝。その前走は、途中から一気にペースアップし、先行馬総崩れの展開で、唯一前めから粘り通した。冬場のレースの相性も良く、ここは狙いすました一戦といえる。

 ハイレベルの4歳世代からはグレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎)がスタンバイ。交流重賞で良績を残すケイティブレイブをレパードSで負かし、古馬相手のみやこSで東京大賞典を勝ったアポロケンタッキーと首差2着。新馬戦の5着以外、3着を外しておらず、ここも凡走のイメージをしづらい。

 ピオネロ(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)は5歳にしてダートに転向。1600万、オープン特別2連勝で臨んだシリウスSでも2着に好走した。3着のアポロケンタッキーが、のちに東京大賞典を制したようにメンバーのレベルは低くなかった。ここは試金石の一戦だが、重賞初制覇の可能性は十分にある。

 ラストインパクト(牡7歳、栗東・栗東・角居勝彦厩舎)は、昨年暮れの東京大賞典に登録したことで話題になったが、明けて7歳にしていよいよ初ダートに挑戦する。一昨年のジャパンカップ2着がこの馬のハイライトだが、“世界の角居師”の起用だけに軽視は禁物か。父がディープインパクト、母の父が米プリークネスS勝ちのティンバーカントリー。父として、あの砂の鬼アドマイヤドンを出しているだけに、不気味さは十分に漂っている。

 他では、インカンテーション(牡7歳・栗東・羽月友彦厩舎)、オープン連勝中、充実一途のミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎)にも警戒したい。(大上 賢一郎)

東海S-過去4年間の複勝圏内馬

日付 馬名 性別 年齢 騎手 人気 着順
16年 アスカノロマン 5 太宰啓介 4 1
16年 モンドクラッセ 5 田辺裕信 2 2
16年 ロワジャルダン 5 横山和生 1 3
15年 コパノリッキー 5 武豊 1 1
15年 グランドシチー 8 津村明秀 9 2
15年 インカンテーション 5 大野拓弥 3 3
14年 ニホンピロアワーズ 7 酒井学 1 1
14年 グランドシチー 7 ギュイヨ 3 2
14年 マイネルバイカ 5 松山弘平 8 3
13年 グレープブランデー 5 ルメール 4 1
13年 ナムラタイタン 7 柴山雄一 8 2
13年 ホッコータルマエ 4 幸英明 1 3

↑↑↑
これらの馬が活躍しているコースとは

コース 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
京都・ダ1800 14- 7- 6-18/45 31.10% 60.00% 284 172
中山・ダ1800 12- 5- 2-10/29 41.40% 65.50% 192 124
阪神・ダ1800 8- 4- 4-16/32 25.00% 50.00% 190 129
東京・ダ1600 7- 5- 5-17/34 20.60% 50.00% 917 219
中京・ダ1800 5- 2- 2-26/35 14.30% 25.70% 122 83
京都・ダ1400 5- 1- 2- 2/10 50.00% 80.00% 1068 341
京都・ダ1900 5- 1- 1-10/17 29.40% 41.20% 184 91
東京・ダ1400 4- 0- 1- 5/10 40.00% 50.00% 544 173
札幌・ダ1700 3- 1- 4- 3/11 27.30% 72.70% 40 213
東京・ダ2100 2- 3- 0- 5/10 20.00% 50.00% 379 195
阪神・ダ2000 1- 1- 6-10/18 5.60% 44.40% 71 112


京都ダート1800mで走っている馬に注目




競馬でおすすめ馬を無料で欲しい人むけ
軸馬-競馬劇場
keibageki